万字駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
万字駅
万字駅の駅舎(現:万字仲町簡易郵便局)と石碑
万字駅の駅舎(現:万字仲町簡易郵便局)と石碑
まんじ
Manji
美流渡 (6.4km)
(1.5km) 万字炭山
所在地 北海道岩見沢市栗沢町万字仲町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 万字線
キロ程 22.3km(志文起点)
電報略号 マム
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年大正3年)11月11日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
備考 万字線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の万字駅と周囲500m範囲。上が志文駅方面。単式ホーム1面1線で、駅舎はホームから約6m程高い場所にあった。駅裏には機回し線と転車台が残されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

万字駅(まんじえき)は、北海道空知郡栗沢町万字仲町(現・岩見沢市栗沢町万字仲町)にあった日本国有鉄道(国鉄)万字線廃駅)である。電報略号マム。万字線の廃線に伴い1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の北東側(万字炭山方面に向かって左手側)に存在した[1]。地形の関係で駅舎よりかなり低い位置にあった[1]転轍機を持たない棒線駅となっていた。かつて貨物取扱を行っていた時期には給水タンクターンテーブルも存在したが[2]、撤去されていた。

無人駅簡易委託駅)となっていた。有人駅時代の駅舎は改築され、乗車券が駅舎内で発券されていた。駅舎は構内の北東側に位置し、ホーム中央部分からシェルター付きの階段を上った[1]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名および炭鉱名は万字炭鉱の経営者、朝吹家の家紋の「」に由来する[3]

利用状況[編集]

  • 1981年度の1日乗降客数は16人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

1999年(平成11年)時点では駅舎が万字仲町簡易郵便局の局舎として再利用されており、旧駅舎からホームへの階段やホームも残存している[2]。駅舎のそばには美流渡駅跡設置と同じ形状の、駅名標をかたどった「万字駅 跡碑」の看板が建立されている[2]。2011年(平成23年)時点でも同様であった[4]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
万字線
美流渡駅 - 万字駅 - 万字炭山駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1981年(昭和56年)4月時点では無人駅であった(書籍『コロタン文庫65 私鉄駅名全百科』(小学館1981年9月発行)49ページより。)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)70ページより。
  2. ^ a b c 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)61ページより。
  3. ^ 書籍『廃線終着駅を訊ねる 国鉄・JR編』(著:三宅俊彦JTBパブリッシング2010年4月発行)26ページより。
  4. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)28ページより。

関連項目[編集]