一杯のコーヒーから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一杯のコーヒーから(いっぱいのコーヒーから)は、1939年昭和14年)3月20日コロムビアレコードから発売された流行歌

解説[編集]

作詞は藤浦洸で、作曲は服部良一。歌は霧島昇ミス・コロムビア

作詞した藤浦洸は、お酒が飲めないコーヒー党であった。一方、作曲した服部はお酒好きなビール党で、当初この曲のタイトルは「一杯のビールから」というタイトルであった。そこで、お酒の飲めない藤浦は「一杯のコーヒーから」と直してしまったという裏話が残っている。曲調は、この時代には珍しくジャズ調モダンな歌である。

ちなみに、この当時のコーヒー一杯の価格は15銭であった。

ラジオ番組こんにちは青空たのしです」のテーマ曲でもある。

LP『霧島昇 不滅の歌声』(NZ-7021〜3)に収録された霧島昇による1975年録音版では、歌詞の「ジャバ娘」を「ジャワ娘」と歌いなおしている[1]

カヴァー[編集]

1985年鹿取容子が『昭和ラプソディ('85)』にてカヴァーした。
2007年さだまさしが、アルバム『服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜』にてカヴァーした。
2011年Eテレの子供向け教養番組「フックブックロー」でカヴァーされる。ちなみにこの番組の音楽を手掛けているのは、作曲者の服部良一の孫にあたる服部隆之である。
2014年八代亜紀が『決定盤トップスター昭和名曲大全集 戦前編2』にてカヴァーした。

脚注[編集]

  1. ^ CD『決定盤 昭和の大ヒット大全集(上)』(日本コロムビア COCP-33813〜5)付属ブックレットより