ヴェンツピルス国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴェンツピルス国際空港
Ventspils Starptautiskā Lidosta
Ventspils Airport 01.jpg
IATA: VNT - ICAO: EVVA
概要
国・地域  ラトビア
所在地 ヴェンツピルス
種類 公共用
運営者 Ventspils pilsētas dome
標高 6 m
座標 北緯57度21分28秒 東経021度32分39秒 / 北緯57.35778度 東経21.54417度 / 57.35778; 21.54417座標: 北緯57度21分28秒 東経021度32分39秒 / 北緯57.35778度 東経21.54417度 / 57.35778; 21.54417
地図
ラトビア内の位置
ラトビア内の位置
VNT
ラトビア内の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
03/21 1,298×32 コンクリートアスファルト
出典: ヴェンツピルス国際空港公式サイト[1]
欧州航空航法安全機構・ラトビア航空路誌[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ヴェンツピルス国際空港とはラトビア北西の都市ヴェンツピルスの南西5 kmに位置する国際空港である。2010年現在、ラトビア内で最も新しい国際空港であり、リガ国際空港リエパーヤ国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。

歴史[編集]

1975年、ヴェンツピルス空港はコンクリート-アスファルト製の滑走路(1,298×32 m)1本と、100×100 mの駐機場という小規模な空港として開港した。開港当時は1人の運行管理官と40-45人の従業員しかいなかった。航空機AN-24AN-2YAK-40、MI-2が使われており、飛行範囲は狭くヴェンツピルス-リガ間およびヴェンツピルス-サンクトペテルブルク間の2航路のみが運行していた。

商用運行に加え、各省庁による国境の哨戒や石油パイプラインの監視、交通管制、漁場調査などの様々な用途にも利用されていたが、1983年政府政治決断によって廃港となった。

ヴェンツピルスが重要な輸送ハブになった1990年代の中頃になるとヴェンツピルス空港を再建させる議論が始まり、空港再建による効果と重要性の調査が行われた。この調査の結果、空港の再建が既存の輸送経路の効率を強化し地域経済活動を促進させるということが判定された。当時、ヴェンツピルスの市民や企業は空港を利用するためには6-8時間かけて202 km離れたリガまで行かなければならず、また、ヨーロッパ市場、世界市場におけるヴェンツピルスの輸送ハブ能力の強化が求められており、空港を必要とする社会的、経済的なニーズが高まっていた。

ヴェンツピルス空港再建プロジェクト1997年に着手され、1999年から本格的に実施され始めた。プロジェクトはラトビアの国家交通開発計画の中で進められた。そしてプロジェクトの全てが実施された結果、2000年に空港の運行が開始された。

開港まもない2001年にはマニュアル化された空港警備プログラムも開発された。そのプログラムは、電気的なセキュリティーシステムを確立し旅客サービス設備に備え付けたという点で当時最新だった。

2008年4月11日にラトビアのフラッグキャリアであるエア・バルティックがリガ国際空港への定期便の運航を開始した。

出典[編集]

  1. ^ 公式サイト(ラトビア語)
  2. ^ EAD Basic