ヴァグネイ・ファビアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴァグネイ・ファビアーノ
DSCF0126 - Version 2.jpg
基本情報
本名 ヴァグネイ・ファビアーノ・ドス・サントス
(Wagnney Fabiano dos Santos)
通称 ザ・サイレンサー (The Silencer)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1975-07-14) 1975年7月14日(42歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
所属 ノヴァウニオン
身長 168cm
体重 66kg
リーチ 180cm
階級 フェザー級バンタム級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ヴァグネイ・ファビアーノWagnney Fabiano1975年7月14日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身。ノヴァウニオン所属。ブラジリアン柔術五段。元IFL世界フェザー級王者。元TKO世界フェザー級王者。

柔術家、総合格闘家のレオナルド・サントスは実弟。

来歴[編集]

幼少期よりブラジリアン柔術を学び、ノヴァウニオン創設者であるウェンデル・アレクサンダーとアンドレ・ペデネイラスより黒帯を授与された[1]

1998年世界柔術選手権の黒帯ペナ級(-67kg)で3位に入賞した。

UCC・TKO[編集]

2000年6月2日、総合格闘技デビューとなったUCC世界スーパーライト級(-66kg)王座決定戦でアリ・ネストール・チャールズと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2004年5月22日、4年ぶりの復帰戦となったTKO世界フェザー級王座決定戦でトミー・リーと対戦し、肩固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

IFL[編集]

2007年からはIFLに出場、12月29日にはフェザー級グランプリ決勝でL.C.デイビスに一本勝ちを収めグランプリ優勝を果たし、世界フェザー級王座に認定された[3]

2008年4月4日、IFL世界フェザー級タイトルマッチでシャド・ライルレーと対戦し、右ストレートでKO勝ちを収め初防衛に成功した[4]

WEC[編集]

2008年12月3日、WEC初参戦となったWEC 37で田村彰敏と対戦し、肩固めで一本勝ちを収めた[5]

2009年4月5日、WEC 40フレジソン・パイシャオンに3-0の判定勝ち。10月10日のWEC 43ではマッケンス・セメルジエールに三角絞めで自身初の一本負けを喫した[6]

2010年1月10日、バンタム級転向初戦となったWEC 46でクリント・ゴドフリーと対戦し、3-0の判定勝ち。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 2 9 5 0 0 0
4 0 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
エジネウソン・コルデイロ 1R 3:50 腕ひしぎ十字固め Shooto Brazil 52 2014年12月21日
× ラッド・マルチネス 5分3R終了 判定0-3 Bellator 80
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2012年11月9日
アコップ・ステパーニャン 1R 3:24 腕ひしぎ十字固め Bellator 76
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2012年10月12日
× ジョセフ・ベナビデス 2R 2:45 ギロチンチョーク WEC 52: Faber vs. Mizugaki 2010年11月11日
フランク・ゴメス 5分3R終了 判定3-0 WEC 49: Varner vs. Shalorus 2010年6月20日
クリント・ゴドフリー 5分3R終了 判定3-0 WEC 46: Varner vs. Henderson 2010年1月10日
× マッケンス・セメルジエール 1R 2:14 三角絞め WEC 43: Cerrone vs. Henderson 2009年10月10日
フレジソン・パイシャオン 5分3R終了 判定3-0 WEC 40: Torres vs. Mizugaki 2009年4月5日
田村彰敏 3R 4:48 肩固め WEC 37: Torres vs. Tapia 2008年12月3日
シャド・ライルレー 1R 0:37 KO(右ストレート) IFL: New Jersey
【IFL世界フェザー級タイトルマッチ】
2008年4月4日
L.C.デイビス 1R 3:38 腕ひしぎ十字固め IFL: World Grand Prix Finals
【フェザー級グランプリ 決勝】
2007年12月29日
ジョン・ガンダーソン 2R 1:53 ギロチンチョーク IFL: World Grand Prix Semifinals 2007年11月3日
エリック・オウィングス 1R 0:58 腕ひしぎ十字固め IFL: Las Vegas 2007年6月16日
カム・ウォード 1R 3:24 肩固め IFL: Connecticut 2007年4月13日
イアン・ラブランド 1R 0:59 肩固め IFL: Atlanta 2007年2月23日
× ジェフ・カラン 5分3R終了 判定0-3 APEX: A Night of Champions
【APEX世界フェザー級王座決定戦】
2006年10月14日
バオ・クァーチ 1R 4:50 KO(ハイキック) APEX: Evolution 2006年6月10日
マット・フィヨルディローザ 5分3R終了 判定3-0 Freedom Fight: Canada vs. USA 2006年1月14日
トミー・リー 1R 2:46 肩固め TKO 16: Infernal
【TKO世界フェザー級王座決定戦】
2004年5月22日
アリ・ネストール・チャールズ 10分2R終了 判定3-0 UCC 1: The New Beginning
【UCC世界スーパーライト級王座決定戦】
2000年6月2日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ギルバート・メレンデス ポイント2-0 グラップラーズ・クエスト
【1回戦】
2005年11月12日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世界がMMAを待っている このエスニック・ファイターを見逃すな!」 『GONKAKU』No.13、2008年6月号、イースト・プレス、p.136
  2. ^ World Featherweight: 136-145 lbs. MMA to Z
  3. ^ 【IFL】2008年最後に6人のIFL王者が誕生 MMAPLANET 2007年12月31日
  4. ^ 【IFL】三大王座戦は王者が貫録の防衛に成功 MMAPLANET 2008年4月7日
  5. ^ 【WEC37】田村彰敏、IFL王者ファビアーノに無念の完敗 MMAPLANET 2008年12月4日
  6. ^ 【WEC43】セミザールが三角絞めでファビアーノを撃破 MMAPLANET 2009年10月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代IFL世界フェザー級王者

2007年12月29日 - 2008年7月31日

次王者
王座廃止