ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2009年のワールド・バリスタ・チャンピオンシップにおける、バリスタ Gwilym Davies

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ (英語: World Barista Championship, WBC) は、現在、世界最高峰のバリスタの競技大会で[1][2][3]、各国のバリスタ・チャンピオンシップの優勝者たち(これに、特に指名された競技者が加わることもある)によって、世界タイトルが競われる。競技者たちは15分間のうちに、コーヒー12杯を用意し、給仕するが、その内訳はエスプレッソカプチーノ、そして自身のアレンジを加えたシグネチャー・ドリンク(ただしアルコールに使用は認められていない)がそれぞれ4杯であり、これが4人の審判たちに供される。審査は2回行なわれ、1回目は予選ラウンドで、その成績上位6名が2回目の決勝ラウンドを競う。2007年東京で開催されたWBCは、欧米以外の地域で開催された大会であり、アジアで拡大傾向にあったコーヒー消費の動向を象徴したものであった。

バリスタ競技の形式は、ノルウェーで創り出されたものであり[4]、初期のWBCにおいては、スカンディナヴィア諸国のバリスタたちが優勢であった[5]。この大会は、アメリカ・スペシャルティ・コーヒー協会英語版 (SCAA) と、ヨーロッパ・スペシャルティ・コーヒー協会 (Speciality Coffee Association of Europe, SCAE) が、共同で権利を所有し、組織している。

開催地と優勝者[編集]

開催地 優勝者
2000 モナコの旗 モナコ モンテカルロ ロバート・トーレセンノルウェー語版 ノルウェー
2001 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マイアミ Martin Hildebrandt( デンマーク
2002  ノルウェー オスロ フリッツ・ストーム英語版 デンマーク
2003 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン Paul Bassett(オーストラリアの旗 オーストラリア
2004 イタリアの旗 イタリア トリエステ Tim Wendelboe( ノルウェー
2005 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル Trouls Overdahl Poulsen( デンマーク
2006 スイスの旗 スイス ベルン Klaus Thomsen( デンマーク
2007 日本の旗 日本 東京 James Hoffmann(イギリスの旗 イギリス
2008  デンマーク コペンハーゲン Stephen Morrissey(アイルランドの旗 アイルランド
2009 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ グウィリム・デイヴィース英語版イギリスの旗 イギリス
2010 イングランドの旗 イングランド ロンドン マイケル・フィリップス英語版アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2011  コロンビア ボゴタ Alejandro Mendez(エルサルバドルの旗 エルサルバドル
2012  オーストリア ウィーン Raúl Rodas(グアテマラの旗 グアテマラ
2013 オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン Pete Licata(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2014 イタリアの旗 イタリア リミニ 井崎英典日本の旗 日本
2015 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シアトル Sasa Sestic(オーストラリアの旗 オーストラリア
2016 アイルランドの旗 アイルランド ダブリン 吳則霖(台湾)
2017

脚注[編集]

  1. ^ Bonné, Jon (April 19, 2005) Espress yourself. "MSNBC.com" Retrieved on 2006-oct-25
  2. ^ Phadnis, Chitra (February 7, 2003) Robust competition for barista championship. "The Hindu Business Line" Retrieved on 2006-oct-25
  3. ^ Murphy, Melinda (May 8, 2003) The Best Brew In The World. "CBS News" Retrieved on 2006-oct-25
  4. ^ Wendelboe, Tim (May 1, 2005) The Future of the World Barista Championship. "CoffeeGeek.com" Retrieved on 2006-oct-25
  5. ^ WBC WBC History: Previous Years. Retrieved on 2006-oct-25