ワールドエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワールドエンジンは、ダイムラー・クライスラー(DC)(当時)、三菱自動車工業現代自動車の3社が共同開発した直列4気筒エンジンである。 1.8、2.0、2.4Lの3種類のバリエーションを持つ。軽量化に貢献するアルミシリンダーブロック、アルミシリンダーヘッドを採用しているのが特徴であり、付加的なデバイスやアプリケーションについては、三社がそれぞれのニーズに合わせて独自開発ができる余地が残されている。

2002年に上記3社によって4気筒エンジンの設計、開発、エンジニアリングのための合弁会社グローバル・エンジン・アライアンスLLCが設立された。

開発経緯[編集]

現代自動車が、3社が均等に出資し新エンジンの設計、開発、エンジニアリングを行う新合弁会社での決定事項を実施する責任を持つ。[1]

基本設計を共有することで3社による大規模生産でのスケールメリットによりコスト削減を行う。製造においても鋳造や加工での共通のプロセスが開発された[2]

スペック[編集]

  • サイアミーズ型アルミニウムダイカストシリンダーブロック
  • 補強ラダーフレーム
  • アルミニウムシリンダーヘッド
  • 樹脂インテークマニホールド、樹脂ヘッドカバー
  • バランスシャフトモジュール
  • タイミングチェーン、サーペンタインベルト


生産[編集]

先導責任を持つ現代が2004年に牙山工場にて生産を開始、韓国でNFソナタに初採用された。三菱では2005年に生産を開始した。

GEMA[編集]

GEMA(グローバル・エンジン・マニュファクチャリング・アライアンス)はアメリカにおけるワールドエンジンの生産を行うグローバル・エンジン・アライアンス3社による合弁会社。ミシガン州ダンディに生産工場が建設され、2005年10月より生産を開始した。GEMAではエンジンの主要な3C(シリンダーブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフト)の機械加工とエンジン組立のみを行っている[3]。ノースプラントとサウスプラントの2工場から成り、操業開始時点でそれぞれ年間42万台の生産能力を持っていた。 2009年クライスラーが三菱、現代よりGEMAの持分を買取り合弁事業は解消となった[4]2012年GEMAは名称をクライスラーダンディ工場に変更した。

生産拠点[編集]

3社により世界7箇所にワールドエンジンの生産拠点が設けられた[3]。2008年当時で年間生産能力は220万台となった。

現代自動車グループ(ヒュンダイ/キア)[編集]

2.4L θエンジン(G4KC型、NFソナタ用)

ワールドエンジンを自社でシータエンジンと命名、積極的にソナタなどヒュンダイ/キア各車に搭載している。2005年には、中国国内で生産する自社モデルに搭載するためのエンジン製造工場を建設した。

DC、三菱にも供給していると一部韓国メディアで報道されたが、DCや三菱もシータエンジンの搭載モデルが存在せず誤報であり2008年7月現在、現代自動車のシータエンジンを上記二社が採用した事実は存在しない。

なお、NFソナタがマイナーチェンジでソナタ・トランスフォームとなった際に出力特性及びヘッドカバーデザインの変更があり、若干高出力・高回転型となった。なお、この新型エンジンはθIIと呼ばれている。

主な採用車種[編集]

三菱自動車[編集]

2005年に発売されたアウトランダーに4B12型 2.4Lエンジンを搭載した。このエンジンは、ワールドエンジンの成果とされている一方、三菱自動車の設計者は「シータエンジンとは別物」と強調している[5]

他に4B10 (1.8L)、4B11 (2.0L)もある。

主な採用車種[編集]

ダイムラー・クライスラー(クライスラー)[編集]

2005年に発売されたダッジ・キャリバーに2.4Lエンジンを搭載したのをはじめ、クライスラー・セブリングジープ・パトリオットジープ・コンパスなどに搭載される。メルセデス・ベンツ等のブランドでは採用されていない。2007年にダイムラー・クライスラーからクライスラー部門が切り離されたため、それ以降はクライスラーが製造する車種に搭載されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]