ローザ・ルクセンブルグ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローザ・ルクセンブルグとは、1980年代に活動していた日本ロックバンドである。その後ボ・ガンボスを結成するどんとが在籍していた。

来歴[編集]

1983年、玉城とどんとが京都ライヴハウス拾得で知り合った事をきっかけに結成。バンド名の由来は同名の政治家である。

1984年NHKのコンテスト『YOUNG MUSIC FESTIVAL』にその後デビュー曲となる「在中国的少年」を引っさげ出場し、審査員の矢野顕子細野晴臣らに絶賛され金賞を受賞、注目を浴びる。

1986年、シングル「在中国的少年」アルバム『ぷりぷり』でミディからデビューする。「在中国的少年」はNHKのコンテストの受賞曲であるが、レコーディングの際に加えられた間奏での「○○アル」という語りが差別的であるとしてNHKでは放送自粛となった。同年、セブンイレブンのテレビコマーシャルに出演。蝶を模した衣装を着たメンバーが「セブンイレブンのおにぎりが、生まれ変わったんだ! ピクニックだ!」と言い楽器を鳴らすものであった。

ルーツミュージックに傾倒するどんと・永井、ロック志向の玉城の間で音楽性の相違を理由にする軋轢が生まれ、1987年8月渋谷エッグマンでのライヴを最後に解散。翌月そのライヴの模様を完全収録したアルバム『LIVE AUGUST』が発売された。いくつかの楽曲はボ・ガンボスのレパートリーとして引き継がれている。

メンバー[編集]

久富隆司(どんと)
ヴォーカル、ギター、ハーモニカ
永井と共にボ・ガンボスを結成。2000年1月死去。
玉城宏志(1958年3月4日 - )
ギター、ヴォーカル
解散後ソロアルバム『Strat red』をリリース、現在はマチルダ・ロドリゲスで活動。
永井利充
ベース
ボ・ガンボス解散後、Dr.TOSH & LOVE Jで活動。
三原重夫(1960年2月3日 - )
ドラム
解散後、メトロファルスルースターズザ・スターリンなどでドラマーとして活動。現在はドラム調律師として数多くのバンドに関わっている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

自主制作ソノシート

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

ライヴアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

BOXセット[編集]

  • ローザ・ルクセンブルグ コンプリート・コレクション2013年7月10日

映像作品[編集]

  • ROSA LUXEMBURG 1987.8.51987年
2005年10月26日、「ラストツアー! 昭和62年8月5日渋谷エッグマン」としてDVD化され再発。
「ラストツアー! 昭和62年8月5日渋谷エッグマン」に特典映像を追加したもの。

参加作品[編集]

「おしり」、「遠い山々」
「さいあいあい」

外部リンク[編集]