ロモノソフ海嶺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bathymetric/topographic map of the Arctic Ocean and the surrounds

ロモノソフ海嶺もしくはロモノソーフ海嶺ロシア語:Хребет Ломоносова、ロシア語ローマ字転写:Khrebet Lomonosova、フランス語: Dorsale de Lomonossov、英語:Lomonosov Ridge)とは、北極海にある海嶺ノヴォシビルスク諸島から北極海を横断し、北極諸島エルズミーア島に至る1800kmの海嶺である[1]。幅は60km - 200kmで、海底からの高さは3300m - 3700m程で、最高地点では水面下954mになる。山肌は比較的険しく、各々の山は峡谷で隔てられ、シルトで覆われている。ロモノソフ海嶺により、北極海盆は二つに分けられている。ノルウェー・西シベリア側のユーラシア海盆(ノルウェー海盆)はナンセン海盆アムンセン海盆から構成され、東シベリア・アラスカ・カナダ側のアメラジアン海盆カナダ海盆マカロフ海盆から構成される。

ロモノソフ海嶺は1948年ソビエト連邦緯度調査によって発見され、ミハイル・ロモノーソフに因んでロモノソフ海嶺とつけられた。この名称は大陸水深総図の副委員会によって承認された[2]

2000年代に入り、2001年12月20日ロシア連邦海洋法に関する国際連合条約第76条8に基づく文書を国際連合に提出し、従来200海里に制限されていたロシア大陸棚の限界の延長を主張した[3]。この文書においてロシアが主張する領域は北極海の大部分であり、北極も含んでいた。この主張の論拠はロモノソフ海嶺とメンデレーエフ海嶺ユーラシアの延長部に位置するという主張である[1]。結局2002年に国際連合はロシアの主張を承認も拒絶もせず、さらに調査が必要と言う結論を下した[3]

ロシア以外でもこの地の領有を宣言する国家はあり、デンマークの科学者はこの海嶺がグリーンランドの延長部に位置すると見做されるのを願っている[4]。また、カナダも領有権を主張し、カナダ側の海底の延長であると主張している。2007年4月、カナダとロシアで、この地の領有権が争われ始めると[1]、6月にはロシアが領有を宣言した[5]

アルクティカ 2007による調査[編集]

詳細はアルクティカ 2007を参照

2007年6月、ロシアはこの地に砕氷船及びミール1、2を派遣した。科学者は水面下4261mまで潜り、10月2日、この地の領有の象徴にと、北極点直下にチタン製の国旗を立てた[6]。これに対して、カナダとデンマークは反発している[7]

参考文献[編集]