ロバート・ギャロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ギャロ

ロバート・ギャロ(Robert Charles Gallo, 1937年3月23日 - )はアメリカ合衆国ウイルス学者。メリーランド大学教授、アメリカ国立がん研究所所属。コネチカット州ウォーターバリー出身。

1963年トーマス・ジェファーソン大学から医学博士号取得。1976年、インターロイキン-2というT細胞増殖因子を発見した。また1980年、セザリー症候群に罹患したカリブ海の黒人から、のちにヒトTリンパ好性ウイルス(HTLV)と命名されるレトロウイルスを分離した[1]。1986年、 ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)を発見した[2]

1984年以降、HIVの発見をめぐり、パスツール研究所リュック・モンタニエと激しく争ったことが知られているが、ノーベル生理学・医学賞の受賞はならなかった。

主な受賞歴[編集]

自伝[編集]

  • 『ウイルスハンティング―エイズウイルスとの邂逅』 山口一成 訳、羊土社 1993年

[編集]

  1. ^ 成人T細胞白血病とHTLV発見物語(前編)日本学術振興会
  2. ^ 突発性発疹原因ウイルスの発見栄研化学

参考[編集]