ロバート・ウェストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ウェストール[1](Robert Atkinson Westall、1929年10月7日 - 1993年4月15日)は、イギリス作家教師ジャーナリスト児童文学で有名だが、ノンフィクションや大人向けの小説も書いていた。彼の小説の多くは複雑で暗い、大人のテーマを扱った十代向けのものであった[2][3]。彼は"the dean of British war novelists"(イギリスの戦争小説家の創始者)で紹介されている[4]

処女作『"機関銃要塞"の少年たち(The Machine Gunners)』は1975年に図書館協会からカーネギー賞を受賞し、その年の傑出した児童文学として知られている[5]2007年の70周年祭で、受賞作品のトップテンの一つに、一般人の人気投票を収集した選考委員から選ばれた[6]。ウェストールは二度のカーネギー賞とネスレスマーティーズブック賞、一生に一度のガーディアン賞を受賞した。

若かりし頃と仕事[編集]

ロバート・ウェストールは1929年10月7日タイン・アンド・ウィアのノースシールズ(ノーサンバーランド)で生まれた[7]第二次世界大戦の間タインサイドで育った。その時間は彼の多くの小説の舞台となっており、彼の生活が大きな出発点、発想となった。ダラム大学ファインアートの学位を取得し、1957年ロンドンのスレイド美術学校で彫刻修士号を取得した[8]1953年から1955年まで、ウェストールはRoyal Corps of Signalsの下級伍長としてイギリス軍で働いた[7]。その後教師となり、チェシャーのノースウィッチにあるSir John Deane's Grammar School(現在のSir John Deane's College)で美術と採用の代表となった[8]。ウェストールは1966年1975年[1]の間にSamaritans (charity)の支店理事としても働き、またジャーナリストとしてCheshire Life やThe Cheshire Chronicleのような、ガーディアン紙の美術批評の記事も執筆した[3]

執筆[編集]

ウェストールは息子クリストファーに第二次世界大戦での経験を話した際、小説家になる気になった[1]。最初の本『"機関銃要塞"の少年たち』は1975年にマクミランより出版された。二次大戦中、イギリス人の少年が森の中で機関銃を備えた壊れたドイツ爆撃機を発見する話[5]1983年BBCのテレビ連続番組として映像化された。

『"機関銃要塞"の少年たち』はタインマウスのフィクション化されたガーマウスが舞台であり、1977年の『The Watch House 』や、続編である1979年の『Fathom Five』でも舞台となった 。

クリストファー・ウェストールは1978年、18才でバイク事故を起こして死に、カーネギー賞を受賞した1978年の『The Devil on the Road』と、1983年の短編小説『チャス・マッギルの幽霊(The Haunting of Chas McGill)』の着想となった[1] [要説明][[Category:説明を必要とする文章のある記事|Template:要説明/dateHandler]]。

ウェストールは1981年にChatto & Windusで出版された『かかし』で二度目のカーネギー賞を受賞した[9] 。三度受賞した人は誰もいないが、彼はずっと小説家であったわけではなかった。彼は1985年に教師を引退し、執筆に重きを置くまで骨董品取引をしていた。[7][3] 1989年にBodley Headから出版された『Blitzcat』でネスレスマーティーズブック賞の9-11歳部門を受賞。1994年アメリカ図書館協会はその作品を最近25年のヤングアダルトのための100冊の一つに選んでいる[10]1990年、Methen出版の『海辺の王国(The Kingdom by the Sea)』でガーディアン賞を受賞した[11]。そのに作品と1992年の『弟の戦争(Gulf)』は、カーネギー賞の候補作として高く評価された[12][lower-alpha 1]。後者は湾岸戦争の間の国内戦線についての話。

1988年から死ぬまでの間、Lymmの作家サークルに出席し、新しい作家の手助けや助言を楽しんだ。その生徒の一人Jonathan Welfordに用意された作品のタイトルは『Nightmare』。これは彼の最後の本となり、『The Night Mare』は彼の死後に出版された。[要説明][[Category:説明を必要とする文章のある記事|Template:要説明/dateHandler]]

[編集]

ウェストールは1993年4月15日、Warrington Hospitalで肺炎による呼吸不全で死去した[3]。 彼の死ぬ時、Lymmの街の1 Woodland Avenueで女将のLindy McKinnelと宿舎に住んでいて、少し離れた所にコテージがあり、執筆のため日々家を離れた。ロバートは朝の仕事に行く気分が好きだった。以前は彼はノースウィッチの20 Winnington Laneに住んでいて、DavenhamのChurch StreetにあるMagpie Antiquesに走っていた。ジャーナリストとして、Cheshire LifeやノースウィッチのChronicle、WarringtonのGuardianに執筆した。追悼式は1993年9月29日、WarringtonのThelwallにあるAll Saints' Churchの近くで開かれた。賛辞は教師時代の同僚や、Reed Children's Booksの編集長のMiriam Hodgsonより送られた。

翌年、ウェストールの生まれた土地であるタインサイドのノースシールズにある7 Vicarage Streetにブルー・プラークが置かれた。ウェストール通りもそこにあり、彼の物語の中の世界的に有名な児童書作家が使った場所にファンを導く。

ウェストールの業績は日本アニメーター宮崎駿の想像力をかきたてた。2006年10月、宮崎駿により『タインマスへの旅(A Trip to Tynemouth)』が日本で出版された。これはウェストールの著作集『Break of Dark』で最初に出版された話『ブラッカムの爆撃機』が元となっているが、日本では福武書店から出版された本が絶版となり、徳間書店の選書にも本作が収録されそうになかった。これを憂いた宮崎駿がロケハンをした上で紹介漫画を描き、『ブラッカムの爆撃機』『チャス・マッギルの幽霊』『ぼくを作ったもの』と一緒に収録して出版した。イギリス空軍ビッカース ウェリントン爆撃機の乗組員の話。ニックネームはポパイ漫画のJ. Wellington Wimpyから来ている。

著作[編集]

WorldCatによれば、 参加している図書館には17の外国語の版がある。

大人向け[編集]

[要説明][[Category:説明を必要とする文章のある記事|Template:要説明/dateHandler]]

  • Antique Dust (1989)

アンソロジー[編集]

[要説明][[Category:説明を必要とする文章のある記事|Template:要説明/dateHandler]]

  • Spinetinglers (1988)
  • Ghost Stories (1993)
  • Cat's Whispers and Tales (1996)
  • The Best of Robert Westall Volume One: Demons and Shadows (1998)
  • The Best of Robert Westall Volume Two: Shades of Darkness (1998)

フィクション[編集]

  • 機関銃要塞"の少年たち en:The Machine Gunners (1975)"
  • The Wind Eye (1976)
  • The Watch House (1977)
  • The Devil on the Road (1978)
  • 水深五尋 en:Fathom Five (1979)
  • かかし en:The Scarecrows (1981)
  • Break of Dark (1982)
  • Futuretrack Five (1983)
  • The Haunting of Chas McGill (1983)
  • The Cats of Seroster (1984)
  • Rachel and the Angel (1986)
  • The Creature in the Dark (1988)
  • ゴーストアビー Ghost Abbey (1988)
  • Ghosts and Journeys (1988)
  • 猫の帰還 en:Blitzcat (1989)
  • The Call and Other Stories (1989)
  • Old Man on a Horse (1989)
  • A Walk on the Wild Side (1989)
  • Echoes of War (1989)
  • en:Urn Burial (1989)
  • If Cats Could Fly (1990)
  • 海辺の王国 The Kingdom by the Sea (1990)
  • The Promise (1990)
  • Stormsearch (1990)
  • The Stones of Muncaster Cathedral (1991)
  • Yaxley's Cat (1991)
  • Fearful Lovers (1992)
  • 弟の戦争 Gulf (1992)
  • 青春のオフサイド Falling Into Glory (1993)
  • A Place For Me (1993)
  • Size Twelve (1993)
  • The Wheatstone Pond (1993)
  • A Time of Fire (1994)
  • The Witness (1994)
  • Blitz (1995)
  • Christmas Spirit (1995)
  • The Night Mare (1995)
  • Blizzard (1996)
  • Harvest (1996)
  • Love Match (1997)
  • Voices in the Wind (1997)
  • David and the Kittens (2003)

ノンフィクション[編集]

  • Children of the Blitz (1985)

自伝[編集]

  • ぼくを作ったもの The Making of Me (2006)

受賞[編集]

アメリカ図書館協会 最近25年間のヤングアダルトのための100冊

アメリカ図書館協会 ヤングアダルトのための最優秀フィクション

カーネギー賞

ドラキュラ協会 夜の子ども賞

  • 1991: The Stones of Muncaster Cathedral[15]

ガーディアン 子どものフィクション賞

ネスレスマーティブック賞 9-11歳部門

  • 1989: Blitzcat[2]

シェフィールド 子どもの本賞

  • 1991: The Promise [17]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 1995年から、カーネギー賞候補者リストには八冊の本がある。
    CCSUによれば、2002年まで候補者には「Commended」(1954年から)と「Highly Commended」(1966年から)がある。後者の勲章は1979年に約一年となった。1990年の一冊、1992年の一冊を含めて、24年間に29の「highly commended」の本があった。 三度カーネギー賞を受賞した人はいない。 7人の作家が二度受賞しており、6人が1966年から2002年の間に活動しており、アン・ファインが三度、ウェストールが二度など、皆最低一度は「Highly Commended」の候補となっている(ウェストールはDevil on the Road (1978)で3人の「Commended」の候補のうちの一人でもあり、1954年から2002年まで135倍程度勲章は使われた)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Eccleshare, Julia (1993年4月21日). “Obituary: Robert Westall”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/people/obituary-robert-westall-1456490.html 2012年1月22日閲覧。 
  2. ^ a b Agnew, Kate; Fox, Geoff (2004). Children at war from the First World War to the Gulf. New York: Continuum. pp. 105–106. ISBN 0-8264-7759-3. 
  3. ^ a b c d Grimes, William (1993年4月20日). “Robert Westall, 63, Art Teacher And Author of Children's Books”. New York Times. http://www.nytimes.com/1993/04/20/obituaries/robert-westall-63-art-teacher-and-author-of-children-s-books.html 2012年1月22日閲覧。 
  4. ^ Myers, Mitzi (2008). Elizabeth Goodenough & Andrea Immel. ed. Under fire : Childhood in the Shadow of War. Detroit: Wayne State University Press. p. 22. ISBN 0-8143-3404-0. 
  5. ^ a b c (Carnegie Winner 1975). Living Archive: Celebrating the Carnegie and Greenaway Winners. CILIP. Retrieved 9 July 2012.
  6. ^ "70 Years Celebration: Anniversary Top Tens". The CILIP Carnegie & Kate Greenaway Children's Book Awards. CILIP. Retrieved 9 July 2012.
  7. ^ a b c Robert Westall”. Authors and Illustrators Archive. The Wee Web. 2012年1月22日閲覧。
  8. ^ a b Holtze, Sally Holmes (1995). Anita Silvey. ed. Children's Books and Their Creators. New York: Houghton Mifflin. pp. 675–676. ISBN 0-395-65380-0. 
  9. ^ a b (Carnegie Winner 1981). Living Archive: Celebrating the Carnegie and Greenaway Winners. CILIP. Retrieved 9 July 2012.
  10. ^ a b Carter, Betty (Fall 1994). "Best of the Best: Twenty-Five Years of Best Books for Young Adults". The ALAN Review (The Assembly on Literature for Adolescents) 22 (1): 67. ISSN 1547-741X. Retrieved 21 January 2012. 
  11. ^ a b "Guardian children's fiction prize relaunched: Entry details and list of past winners". guardian.co.uk 12 March 2001. Retrieved 5 August 2012.
  12. ^ a b c d "Carnegie Medal Award". 2007(?). Curriculum Lab. Elihu Burritt Library. Central Connecticut State University (CCSU). Retrieved 9 July 2012.
  13. ^ Best Fiction for Young Adults”. American Library Association. 2012年1月21日閲覧。
  14. ^ a b Winners and Honor Books 1967 to present”. Boston Globe–Horn Book Awards. The Horn Book, Inc.. 2012年1月21日閲覧。
  15. ^ The Children of the Night Award”. Dracula Society. 2012年1月21日閲覧。
  16. ^ The Kingdom by the Sea”. Culture: Books. The Guardian. 2012年1月21日閲覧。
  17. ^ Previous Winners”. Sheffield City Council. 2012年1月21日閲覧。