ロックンロープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロックンロープ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1-2人(交互)
稼働時期 1983年3月
テンプレートを表示

ロックンロープ』 (ROC'N ROPE) はコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が1983年3月に発表したアクションゲーム。フックを打ち込んでロープ張って進んで行くというシステムが独特。

なお、藤原得郎コナミ在籍時の最終作であり、本作の制作後に岡本吉起と共に同社を退社しカプコンへ移籍する。

概要[編集]

フックを崖に打ち込んでロープを上り、画面の上のほうにいる幸運の鳥を目指して進んでいく。全4ステージをクリアすると1周となる。敵が揺らしている間にロープを移動すると落ちてしまい、大抵ミスになる。敵がロープを伝っている間にフックを打ち込むと敵を落とすことも可能。

また、フラッシュライトは地上で使うと敵を少し動けなくするほか、ロープ上で使うと敵を落とすことができる。このフラッシュライトは無制限に使用可。

アイテム[編集]

  • 幸運の鳥の羽 - スコアがアップする。
  • 卵 - 一定時間無敵になり、プレイヤーのスピードがアップする。

ミスの条件[編集]

  • 高いところから落ちる
  • 敵や滝に触れる
  • タイムオーバー

移植[編集]

関連作品[編集]

本作のシステムをベースにリメイクとして作られた。

外部リンク[編集]