ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥス
Lucius Quinctius Cincinnatus
(L. Quinctius L. f. L. n. Cincinnatus)
ギヨーム・ルイエ著 "Promptuarii Iconum Insigniorum" (1553) に描かれたキンキナトゥス
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 クィンクティウス氏族
官職 執政官(紀元前460年)
独裁官(紀元前458年、439年)
テンプレートを表示

ルキウス・クィンクティウス・キンキナトゥスラテン語: Lucius Quinctius Cincinnatus, クィンティウス (Quintius)とも。生没年不詳、紀元前5世紀)は、共和政ローマ前期に登場する伝説的人物。「キンキナトゥス」というあだ名は彼の特徴である巻き毛から名づけられた。古代ローマ人の美徳と武勇を現す人物として後世に長く伝えられた。

経歴[編集]

一族[編集]

彼の氏族は、王政ローマ時代、アルバ・ロンガの滅亡後に移住してきたという[1]執政官 (コンスル) を六度務めたティトゥス・クィンクティウス・カピトリヌス・バルバトゥスとは兄弟と考えられている。

紀元前461年、前年不成立だった護民官による執政官職権を制限する法案が再提出されると、プレブスパトリキは一触即発の事態となった[2]。そうした中、偉丈夫で知られたキンキナトゥスの息子カエソは法案に反対し、護民官やプレブスたちを暴行するに至って告発された[3]。執政官経験者らが幾人も若者の弁護を買って出たが、数年前の暴行事件も発覚して結局逮捕され、莫大な保釈金を支払う事となった。保釈されたカエソはエトルリアに亡命し、父キンキナトゥスは保釈金の為に全財産を売り払う事となったという[4]

コンスルシップ[編集]

紀元前460年に起こった内乱の鎮圧で執政官プブリウス・ウァレリウス・プブリコラが戦死すると、12月に補充執政官として選出された[5]。プブリコラは混乱を鎮める為、プレブスたちに執政官制限法の審理を内乱が終わるまで一時止めるよう説得しており、平穏が訪れるとまたも混乱が起こった。キンキナトゥスは民会で演説して人々を叱責し、ウォルスキ族アエクイ族に対しての軍事行動を示唆した。元老院は法案の年内提出の禁止と出征の取りやめを決め、執政官と護民官の再選にも難を示した。しかしながら護民官は再選され、パトリキたちは対抗してキンキナトゥスの再選を目指したが、彼は規律に違反する事を良しとせず辞退した[6]

最初のディクタトルシップ[編集]

ジュアン・アントニオ・リベラ画、独裁官指名の使者を迎えるキンキナトゥス (1806年)

紀元前458年、ローマは対外的に周辺部族と緊張関係にあった。東部のアエクイ族、南西部のウォルスキ族がローマに攻めてくると、自ら農作業を行っていたキンキナトゥスは元老院より独裁官 (ディクタトル)に指名される。そして独裁官として軍勢を率いて敵を打ち破ると、半年の任期である独裁官の地位を16日間で返上した。

アエクイに勝利した事で9月13日には凱旋式を挙行している[7]

二度目のディクタトルシップ[編集]

アレクサンドル・カバネル画、元老院議員を迎えるキンキナトゥス (1843年)

紀元前439年平民階級が反旗を翻そうとしている際にも再び独裁官に就任するよう要請され、反乱を抑えると再び返上、農作業を行う身に戻ったと言う。この彼の謙虚な行動はその後のローマ社会で長く語り継がれた。

影響[編集]

オハイオ州シンシナティに建つ銅像

キンキナトゥスの伝説は現代にも受け継がれ、「Cincinnati シンシナティ」としてシンシナティ協会、及びアメリカ合衆国オハイオ州シンシナティアイオワ州シンシナティの都市名に残っている。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
プブリウス・ウァレリウス・プブリコラ
ガイウス・クラウディウス・インレギッレンシス・サビヌス
ローマの補充執政官(コンスル・スフェクトゥス)
紀元前460年
同僚
ガイウス・クラウディウス・インレギッレンシス・サビヌス
次代:
クィントゥス・ファビウス・ウィブラヌス
ルキウス・コルネリウス・マルギネンシス・ウリティヌス