ルイーズ・ブリーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイーズ・ブリーリー
Louise Brealey
Louise Brealey
2009年
別名義 Loo Brealey
生年月日 (1979-03-27) 1979年3月27日(40歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドノーサンプトンシャーボウゼト英語版
職業 女優著作家ジャーナリスト
活動期間 2001年 - 現在
主な作品
SHERLOCK』モリー・フーパー

ルイーズ・ブリーリー: Louise Brealey1979年3月27日 - )は、ルー・ブリーリー(Loo Brealey)名義でも活動している、英国女優著作家ジャーナリストである。『カジュアリティー英語版』での看護学生ロクサーヌ・バード役や、『SHERLOCK』でのモリー・フーパー役などで知られている[1]

略歴[編集]

イングランドノーサンプトンシャーボウゼト英語版で生まれ[2]キンボルトン・スクール英語版に通った後、ケンブリッジ大学歴史を専攻した。それから彼女は、ニューヨークリー・ストラスバーグ・インスティテュート英語版に通い、クラウン・ティーチャーのフィリップ・ゴーリエ英語版から指導を受けた。

執筆活動[編集]

ブリーリーは10代の頃から映画・芸術・音楽について記事を書いており、自分の書いたレビューや特集記事を、『プレミアUK英語版』、『エンパイア』、『ラジオ・タイムズ』、『スカイ・マガジン英語版』、『ザ・フェイス』、『ネオン英語版』、『AnOther』、『トータル・フィルム英語版』などへ寄稿していた。彼女はアレハンドロ・ホドロフスキー監督の映画『アナーキー・アンド・アルケミー』"Anarchy and Alchemy'""(原題、Creation Books、2007年)の編集も務めた。

2009年4月まで、ブリーリーは『ワンダーランド』Wonderland の副編集長を務め、2月・3月号ではリヴ・タイラーへのインタビューを担当した[3]。他にもペット・ショップ・ボーイズ[4]やアーティスト集団Gelitin英語版[5]の特集記事などを書いている。またフリーランスの制作補[注釈 1]として、BBC Artsのドキュメンタリーを制作している。2013年には、彼女の最初の演劇作品『Pope Joan』がナショナル・ユース・シアター英語版によって上演された[6]

プロデュース[編集]

2012年3月に、ブリーリーはBBC Twoの子供向けコメディ・ドラマ『チャールズ・ディケンズ・ショー』をプロデュース・共同執筆し、出演もした。このドラマには、ジェフ・ラウル英語版ルパート・グレイヴスニール・ダジョン英語版ナサニエル・パーカー英語版リンダ・バロン英語版ハニーサックル・ウィークス英語版ルパート・ヤング英語版アジョア・アンドー英語版サム・ケリー英語版ジェフリー・ストリートフィールド英語版フィオナ・バトン英語版マライア・ゲイル英語版が出演した。

俳優として[編集]

スクリーン[編集]

ブリーリーのTVデビュー作はBBCのドラマ『カジュアリティー英語版』であり、2シリーズにわたって看護師ロクシー・バードを演じた。2005年には、BBCの『ブリーク・ハウス英語版』のリメイクでジュディ・スモールウィードを演じている(この作品は、チャールズ・ディケンズの『荒涼館』を映像化したものである)。テリー・ウォガン英語版は、ジュディと、彼女の祖父で乱杭歯が特徴のスモールウィード(演:フィル・デイヴィス英語版)を気に入り、スモールウィード役・ディヴィスの台詞 "Shake me up, Judy!"を演じて、BBC Radio 2英語版のリスナーを楽しませた。ブリーリーは続いて、日曜夜のコメディ・ドラマ『メイヨー英語版』に出演し、黒髪ボブで三枚目、そしてアリステア・マクゴーワン英語版の相棒である、アノラーク役を演じた。BBCで放送されたこのドラマは、わずか1シリーズの制作で打ち切られてしまった。しかしアメリカ2007年にソフト・リリースされた際には売れ行きが好調であり、『ハリウッド・リポーター』誌では、『こちらブルームーン探偵社』に匹敵するとも評されている。また、彼女は『ドクター・フー』のローズ・タイラー役のオーディションも受けている[7]

彼女はその後、ドラマ『ロー&オーダー: UK英語版』や、BBCが1950年代に制作したドラマ『ブラウン神父』のリメイク版(マーク・ウィリアムズ主演)に出演している(2013年)。

ブリーリーはスティーヴン・モファットマーク・ゲイティスのTVドラマ『SHERLOCK』で、法医学者のモリー・フーパーを演じている[8][9]

舞台[編集]

ブリーリーの舞台デビュー作は、2001年にロンドンのロイヤル・コート・シアター英語版で上演された、ジュディー・アプトン英語版の『スライディング・ウィズ・スザンヌ』Sliding With Suzanneである。この作品はマックス・スタフォード=クラーク英語版指揮で、彼女は14歳の少女ソフィーを演じている。『デイリー・テレグラフ』紙では、彼女の演技を「完璧で心に強く訴えかける思春期の表現」(a perfect poignant study of adolescence)と評された[10]

2005年ブリストル・オールド・ヴィック英語版制作で上演した、トム・ストッパード戯曲アーカディア英語版』では、神童トマシーナを演じた。この演技は、『メール・オン・サンデー英語版』紙に"excellent"、『デイリー・テレグラフ』紙に「夕べはすっかりルー・ブリーリーのトマシーナのものだった』("the evening belongs to Loo Brealey's Thomasina")と評されている。

続いて彼女は、ペインズ・プラウ英語版が上演し、デニス・ケリー英語版が賞を勝ち取った二人劇『After The End』で主演した。この作品は、ロシアでも上演された上、2006年7月にはオフ・ブロードウェイでヒットすることとなる[11]

ブリーリーは2度、ピーター・ホール英語版とタッグを組んでいる。最初は2007年の "Little Nell"(サイモン・グレイ英語版作)であり、タイトル・ロールを演じてマイケル・ペニントン英語版ティム・ピゴット=スミスと共演した。この作品は、クレア・トマリン英語版の書いた、チャールズ・ディケンズの愛人エレン・ターナン英語版の一代記 "The Invisible Woman" に基づいており、"Little Nell" では彼女の人生を17歳から44歳まで辿ってみせる。ブリーリーの演技は、「素晴らしい」"excellent"(デイリー・メール)、「印象的だ」"impressive"(ザ・ステージ英語版)、「称賛せずにはいられない」"highly compelling"(インデペンデント)、「仰天だ」"astounding"(ブリティッシュ・シアター・ガイド英語版)などと評されている。

翌年、ホールはキングストン・アポン・テムズローズ・シアターで上演された『ワーニャ伯父さん』に、彼女をソーニャ役として出演させた。この作品は、様々な批評で絶賛を受けることとなる。『テレグラフ』紙は彼女を「注目すべき人物」と評し、『インデペンデント』紙は彼女を『レベッカ』でのジョーン・フォンテインと同等に評価した。『スペクテーター』紙では、「ブリーリーは、怠惰な表面性の奥へ隠された、感傷的な詩情を露わにするただ一人の俳優だ。彼女の一番の強みは"平凡な"ソーニャを演じるには魅力的すぎることだが、彼女はこれを、性的な魅力が無いことをぎこちない笑いで示唆したり、落ち着きの無い動きや気抜けして輝くような純真さを見せることで偽装してみせる。全てが見事だった…」("Brealey is the only performer who uncovers the pathetic poetry beneath the indolent superficialities. Her big disadvantage is that she’s too attractive for ‘plain’ Sonya, but she disguises this by suggesting a lack of sexual allure with awkward giggles, squirrelly movements and a stupefied beaming naivety. All brilliantly done...") と評された。

2011年には、彼女はヤング・ヴィクで上演された、リチャード・ジョーンズ英語版のヒット作『検察官英語版』で、ジュリアン・バラット英語版ドゥーン・マッキチャン英語版の、色情狂の娘を演じた。

さらに彼女は、ステファン・マンガンと共に、ジョー・ペンホール英語版作の『バースデイ』Birthday に出演した。この作品の監督はロジャー・ミッシェルで、2012年にロイヤル・コートで上演されている。また、キャロライン・バード英語版の演劇、『トロイの女』では、カッサンドラアンドロマケートロイのヘレンという3つの主要な役を演じている。この作品はゲート・シアター(ロンドン)で上演され、チケットが完売となったほどの人気であった[9]。彼女の演技は、『衝撃的だ』"electrifying"(タイムズ)、『彼女は特筆すべき最高の演技をした』"she 'pulled off a remarkable treble'"(ガーディアン)と評されている。

ブリーリーは『イヴニング・スタンダード英語版』紙で数々の役について語っているほか[12]、『タイムズ』紙では舞台上でヌードになった経験について記事を書いている[13][14]

2014年2月には、グラスゴーのシチズンズ・シアターで、ストリンドベリの『令嬢ジュリー英語版』の主役を演じた。この作品は同月6日から15日まで上演された。監督はドミニク・ヒルが務め、ジニー・ハリスが加筆脚本を書いた。ハリスは、ストリンドベリの原作から40年後の1920年代に設定を変え、舞台をスコットランドハイランド地方に移している。この作品ではキース・フレミングがジョン(原作のジャン(Jean))、ジェシカ・ハードウィックがクリスティーンを演じたが、登場人物はブリーリーを含めこの3人のみであった。

ラジオ[編集]

2008年7月に、ブリーリーは『ザ・リング・アンド・ザ・ブック英語版』の翻案[15] で、ポンピリア・コンパリーニ(Pompilia Comparini)を演じた。これはBBC Radio 4の『Classic Serial』シリーズの一環で制作されたものである。

ブリーリーは、2011年2月に放送された、エド・ハリスのラジオ劇『The Wall』において、アンナ役を演じている[16]

2014年12月9日には、BBC Radio 3で放送された、ボッカチオ作『The Wager』の翻案劇で、ジネブラ役を演じた。この作品は、モンティ・パイソンのメンバーであるテリー・ジョーンズの連作 "Decameron Nights: Ten Italian Indelicacies Remixed from Boccaccio"(意味:『デカメロンの夜―ボッカチオ作品からの10のイタリアンお下品集』)の一つとして制作された。

2014年には、彼女がBBC Radioで放送される、ニール・ゲイマンテリー・プラチェット作『グッド・オーメンズ英語版』の翻案制作に携わることが発表された[17]。第1話で、彼女はシスター・マリア・ロクウェイシャス[注釈 2]を演じた。

TV・映画の出演作品[編集]

邦題
原題
役名 注釈
2002年 – 2004年 カジュアリティー英語版
Casualty
ロクサーヌ・バード TVシリーズ(95話)
2003年 The Tooth Faerie 短編映画
2004年 I Want You 短編映画
2005年 ブリーク・ハウス英語版
Bleak House
ジュディ・スモールウィード TVシリーズ(8話)
2005年 The English Harem スージー TV映画
2006年 メイヨー英語版
Mayo
ハリエット・"アノラーク"・テート TVシリーズ(8話)、ルー・ブリーリー(Loo Brealey)名義
2007年 Green アビ テレビ映画、ルー・ブリーリー(Loo Brealey)名義
2008年 ホテル・バビロン
Hotel Babylon
クロエ TVシリーズ(タイトル:"Episode #3.7")
2010年 – 現在 SHERLOCK
Sherlock
モリー・フーパー TVシリーズ
2010年 リユナイティング・ザ・ルービンス英語版
Reuniting the Rubins
ミリ・ルービンス
2011年 ロー&オーダー: UK英語版
Law & Order: UK
ジョアン・ヴィックリー TVシリーズ (タイトル:"Tick Tock")
2011年 マリーゴールド・ホテルで会いましょう英語版
The Best Exotic Marigold Hotel
美容師 ルー・ブリーリー(Loo Brealey)名義
2012年 The Charles Dickens Show ネリー・トレント/スクルージ/ティム坊や TVシリーズ
2013年 ブラウン神父 (en
Father Brown
エレノア・ナイト TVシリーズ(タイトル:"The Mayor and the Magician")
2014年 Delicious ステラ
2014年 Ripper Street アメリア・フレイン医師 TVシリーズ、第3シリーズの8話中7話に出演[18]
2015年 ヴィクター・フランケンシュタイン
Victor Frankenstein
社交界のセクシーな女性
Sexy Society Girl
カメオ出演[19]
2015年 コンテインメント英語版
Containment
サリー
2019 ザ・ウィドウ ~真実を求めて~
The Widow
ベアトリス ITV&Amazonビデオドラマシリーズ

劇場作品[編集]

邦題
原題
役名 監督 劇場
2001年 Sliding with Suzanne ソフィー マックス・スタフォード=クラーク英語版 ロイヤル・コート・シアター英語版
2005年 アーカディア英語版
Arcadia
トマシーナ レイチェル・カヴァナ ブリストル・オールド・ヴィク英語版
2006年 After the End ルイーズ ロクサーナ・シルバート 米国・ロシアツアー、オフ・ブロードウェイ
2007年 Little Nell ネル ピーター・ホール英語版 シアター・ロイヤル(バース) (en
2008年 ワーニャ伯父さん ソーニャ ピーター・ホール ローズ・シアター(キングストン) (en
2008年 Pornography 俳優7番 ショーン・ホームズ英語版 トラヴァース・シアター (en
2009年 The Stone ハンナ ラミン・グレイ英語版 ロイヤル・コート・シアター英語版
2009年 The Ones That Flutter ジュリー・レイ アビー・ライト シアター503 (en
2010年 Country Music リンゼイ リサ・ブレア、エレノア・ワイル ウェスト・ヨークシャー・プレイハウス (en
2011年 Government Inspector 市長の娘 リチャード・ジョーンズ英語版 ヤング・ヴィク (en
2012年 トロイの女
The Trojan Women
カッサンドラ/アンドロマケー/トロイのヘレン クリストファー・ヘイドン英語版 ゲート・シアター (en
2013年 The Herd クレア ハワード・デイヴィーズ英語版 ブッシュ・シアター (en
2014 年 令嬢ジュリー英語版
Miss Julie
ミス・ジュリー ドミニク・ヒル英語版 シチズンズ・シアター (en
2014年 Letters Live[20][21][22] ヘイ・フェスティバル(ウェールズ
2015年 Letters Live フリーメーソンズ・ホール

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Associate Producerの日本での略語。協力プロデューサーともいう。
  2. ^ スペルはSister Mary Loquaciousで、"loquacious"という単語には「お喋りな」という意味がある。

出典[編集]

  1. ^ Day, Elizabeth (2012年1月22日). “Louise Brealey: 'I don't think Molly is really Sherlock's type'”. The Observer. http://www.guardian.co.uk/theobserver/2012/jan/22/louise-brealey-molly-sherlock-interview 2012年11月11日閲覧。 
  2. ^ Loo Brealey”. Holby.tv. 2008年8月16日閲覧。
  3. ^ LivTyler”. Louisebrealey.com. 2014年1月23日閲覧。
  4. ^ Gelitin”. louisebrealey.com (2010年). 2012年9月2日閲覧。
  5. ^ Gelitin”. Louisebrealey.com. 2014年1月23日閲覧。
  6. ^ Andrew Dickson. “From Sherlock to Pope Joan: actor Louise Brealey on writing her first play | Stage”. The Guardian. 2014年1月23日閲覧。
  7. ^ 20 Questions: Louise Brealey”. WhatsOnStage.com. 2015年5月6日閲覧。
  8. ^ BBC One - Sherlock - Molly Hooper”. bbc.co.uk. 2014年7月2日閲覧。
  9. ^ a b Urwin, Rosamund (2012年11月7日). “Sherlock's Molly: the original Cumberbitch”. London Evening Standard. http://www.standard.co.uk/lifestyle/london-life/sherlocks-molly-the-original-cumberbitch-8293476.html 2012年11月11日閲覧。 
  10. ^ A grown-up portrait of immaturity”. デイリー・テレグラフ (2001年9月5日). 2018年2月10日閲覧。
  11. ^ In Brits Off Broadway's 'After the End,' Abuse in a Fallout Shelter
  12. ^ Sherlock's Molly: the original Cumberbitch - London Life - Life & Style - London Evening Standard”. Standard.co.uk (2012年11月7日). 2014年1月23日閲覧。
  13. ^ Louise Brealey Published at 12:01AM, December 11 2012 (2012年12月11日). “Louise Brealey: how it feels to be naked on stage”. The Times. 2014年1月23日閲覧。
  14. ^ On Yellow Paper - What Molly Did Next”. Onyellowpaper.tumblr.com (2012年12月11日). 2014年1月23日閲覧。
  15. ^ Classic Serial”. The Ring and The Book. BBC. 2015年6月18日閲覧。
  16. ^ BBC Radio 3 - The Wire, The Wall”. bbc.co.uk (2012年). 2012年9月2日閲覧。
  17. ^ Jones, Paul (2014年9月5日). “Neil Gaiman and Terry Pratchett's Good Omens to be adapted for Radio 4”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/news/2014-09-05/neverwhere-director-to-bring-neil-gaiman-and-terry-pratchetts-good-omens-to-radio-4 2014年9月6日閲覧。 
  18. ^ ルイーズ・ブリーリー - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  19. ^ Urwin, Rosamund (2015年3月31日). “Sherlock star Louise Brealey talks touring, feminism and reading love letters with Benedict Cumberbatch”. ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版. http://www.standard.co.uk/showbiz/celebrity-news/sherlock-star-louise-brealey-talks-touring-feminism-and-reading-love-letters-with-benedict-10145511.html 2015年11月20日閲覧. "Brealey has just filmed a cameo in the upcoming Victor Frankenstein." 
  20. ^ Letters Live: Epistolary Joy At Freemasons’ Hall”. Londonist. 2015年11月20日閲覧。
  21. ^ BBC Sherlock star, X Files actor and a host of other celebrities perform at charity event for the Reading Agency”. The Guardian. 2015年11月20日閲覧。
  22. ^ Letters Live at Hay Fetival”. The Telegraph. 2015年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]