リル=デル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L'Île-d'Elle
008 l'ile d'elle ( 85770 ).JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ヴァンデ県Blason département fr Vendée.svg
(arrondissement) フォントネー=ル=コント郡
小郡 (canton) リュソン小郡
INSEEコード 85111
郵便番号 85770
市長任期 ジョエル・ブリュトー[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) Isles du marais Poitevin
人口動態
人口 1504人
2013年
人口密度 79人/km2
住民の呼称 Nellezais
地理
座標 北緯46度19分54秒 西経0度56分53秒 / 北緯46.3316666667度 西経0.948055555556度 / 46.3316666667; -0.948055555556座標: 北緯46度19分54秒 西経0度56分53秒 / 北緯46.3316666667度 西経0.948055555556度 / 46.3316666667; -0.948055555556
標高 平均:m
最低:1m
最高:30m
面積 19.9km2
L'Île-d'Elleの位置(フランス内)
L'Île-d'Elle
L'Île-d'Elle
テンプレートを表示

リル=デルL'Île-d'Elle)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ヴァンデ県コミューン

地理[編集]

石灰岩質の岩の露頭の上にあり、町はポワトヴァン湿地を見下ろしている。コミューンを流れるのは、シャラント=マリティーム県との境界となっているヴァンデ川と、セーヴル・ニオルテーズ川である。

歴史[編集]

20世紀初頭、ラ・サブリエール池で釣りをする人々。かつての採石場跡に水を満たして池としていた

コミューンは、ピクトン湾に浮かぶ石灰岩質のかつての小島にある。小島はガロ=ローマ語でINSULA de ELLAであった。考古学上、ラ・ゲリニエールという集落にはガロ=ローマのヴィッラがあった。装飾されたサモス島産の陶器の破片や、灰色の陶器が見つかっている。

集落の最古の名は、11世紀に記されたINSULA DE ELLAで、1197年にローマ教皇ケレスティヌス3世の教書においても同様である。1317年に小修道院の名もELLISであった。リル=デルに関しての言及はマラン領主の文書において1377年になされている。リル=デルのラ・ゲリニエールにある宿について羊皮紙に書いたものがヴァンデ県の公文書として保管されている。

村は1655年に教区となり、フランス革命までは、4km離れたマランの領主の領地となっていた(マランはフランスの旧州で最小の面積を持つオニスの一部であった。すなわち、リル=デルはポワトゥーに属していなかった)。最後のマラン領主であるアリグル侯爵はリル=デルをアリグル侯爵領に併合した。

革命後の1793年、リル=デルはコミューンとなった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
1467 1459 1412 1357 1352 1359 1403 1504

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]