ラ・ルヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラ・ルヴィエール
La Louvière
市内の小広場
市内の小広場
ラ・ルヴィエールの市章
市章
位置
エノー州の位置の位置図
エノー州の位置
ラ・ルヴィエールの位置の位置図
ラ・ルヴィエールの位置
座標 : 北緯50度28分00秒 東経04度11分00秒 / 北緯50.46667度 東経4.18333度 / 50.46667; 4.18333
行政
 ベルギー
 地域 ワロン地域の旗 ワロン地域
 州 エノー州の旗 エノー州
 行政区 ソワニー行政区
 市 ラ・ルヴィエール
市長 ジャック・ゴベール
PSMR、UDSC)
地理
面積  
  市域 64.24 km2 (24.8 mi2)
人口
人口 (2010年1月1日現在)
  市域 7万8071人
    人口密度   1215.3人/km2(3147.6人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 7100、7110
市外局番 064
公式ウェブサイト : www.lalouviere.be/

ラ・ルヴィエール: La Louvière)は、ベルギーエノー州に位置する都市、ないしそれを中核とする基礎自治体。後者はアンヌ=サン=ポール (Haine-Saint-Paul)、アンヌ=サン=ピエール (Haine-Saint-Pierre) 、サン=ヴァース (Saint-Vaast) 、トリヴィエーレ (Trivières)、ブソワ (Boussoit)、ウダン=ジェメリー (Houdeng-Aimeries)、ウダン=ジェニー (Houdeng-Gœgnies)、モラージュ (Maurage)、ストレピー=ブラクニー (Strépy-Bracquegnies)の村々から成る。

西のボリナージュ地方と東のノワール地方の中間にあたり、かつて炭鉱で栄えたシヨン工業地域のサントル地方の中心都市である。

歴史[編集]

成立[編集]

雌狼が人の子を育てたという伝説は古代ローマの建国神話と相通ずるものがあるが、ほんとうの興りは紀元12世紀になってからのことである。こんにちのラ・ルヴィエールは狼も潜んだであろう密林で、古フランス語で「狼のすみか」を意味するMenauluと呼ばれていた。行政上はオルヌ修道院領のサン=ヴァース共同体に属した。

ウダン=ジェメリー村

1284年までに地名はラテン語に改称されたが、後にフランス名に戻され現在のラ・ルヴィエールに落ち着いた。地元の領主が土地の調査に熱心だったため、1390年に石炭の採掘が始まった。しかし修道院がインフラの整備を拒んできたため、大規模な開発は18世紀まで待たなければならなかった。

開花期[編集]

その後、19世紀の道路、運河、鉄道網の建設で石炭の輸出が可能となると、資源の豊かさから投資が流れ込んだ。人口と経済規模の両面でサン=ヴァースをやすやすと追い抜き、ただの地名でしかなかった地域は50年もしないうちにワロニア有数の主要都市に成り上がった。1869年に自治都市となり、現在でもシャルルロワリエージュナミュールモンスに次ぐワロニア第五の都市の座を維持している。

名所[編集]

サントル運河のリフト
ボワ=デュ=リュックの労働者住宅
  • マース川スヘルデ川をむすぶサントル運河に設けられた2基の水力リフト。州内のほかの2基とともに1998年、「ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺」としてユネスコ世界遺産に登録された。
  • ボワ=デュ=リュック炭鉱の労働者向け住宅群。19世紀前半に建てられて以降、修復が重ねられてきた。一部は公開されており、併設博物館ではサントル地方における石炭採掘の歴史を見ることができる。
  • 13世紀から16世紀の礼拝堂および教会群。
  • イデル・イアンチェレヴィッチの作品のコレクション。公開されているもののなかでは有数の規模。

文化[編集]

ラ・ルヴィエールの謝肉祭はラエターレ (Laetare) と呼ばれるが、これはラテン語で「楽しむ」を意味する動詞である。毎年四旬節の日曜から火曜にかけ行われるこのラエターレは、ジルと呼ばれる仮装行列が音楽にあわせステップを踏みながら、通行人にオレンジを配るのが特徴である。フィナーレのブリュラージュ・デ・ボッセという行事ではジルの衣装を着た人形が燃やされ、祭の終わりと新しい生命の誕生があらわされる。

スポーツ[編集]

ジュピラーリーグに所属するRAAルヴィエールの本拠地である。

ゆかりの人物[編集]

  • モーリス・グレヴィス(1895年 - 1980年) 言語学者
  • モーリス・ボドゥー(1902年 - 1988年) カナダの司祭
  • ポル・ビュリー(1922年 - 2005年) 彫刻家
  • ジャン・ルヴェ(1934年 - ) 脚本家
  • ジェイ・クリスファール(1988年 - ) 俳優
  • エデン・アザール(1991年 - ) サッカー選手

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kalisz Official Website - Twin Towns”. Flag of the United Kingdom.svg Flag of Poland.svg © 2005-2008 Urząd Miejski Kalisz. 2011年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]