ラヌッチョ2世・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヌッチョ2世・ファルネーゼ
Ranuccio II Farnese
パルマ公
Jacob Denys - Portrait of Ranuccio II.jpg
在位 1646年 - 1694年

出生 (1630-09-17) 1630年9月17日
死去 (1694-12-11) 1694年12月11日(64歳没)
配偶者 マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイア
  イザベッラ・デステ
  マリーア・デステ
子女 マルゲリータ・マリーア
テレーザ
オドアルド2世
フランチェスコ
アントニオ
家名 ファルネーゼ家
父親 オドアルド1世
母親 マルゲリータ・デ・メディチ
テンプレートを表示

ラヌッチョ2世・ファルネーゼ(Ranuccio II Farnese, 1630年9月17日 - 1694年12月11日)は、パルマ及びピアチェンツァ公(在位:1646年 - 1694年)。

生涯[編集]

第5代パルマ公オドアルド1世と妃マルゲリータ・デ・メディチの長男として生まれた。父の死後2年間、叔父フランチェスコ・マリーア・ファルネーゼと母の2人が摂政を務めた。

オドアルドの治世の間、パルマはカストロ戦争英語版に巻き込まれ、ウルバヌス8世の属するバルベリーニ家が得ようとしたローマ北部の教皇領を獲得した。

1649年、ウルバヌスの後継インノケンティウス10世は、ラヌッチョ2世をクリストフォロ・ジアルダ枢機卿殺害犯として告発した。その報復に、教皇軍はファルネーゼ家の都市を2か月にわたって包囲し、破壊し尽くした。8月にパルマ軍はボローニャから遠くない地点で鎮圧した。彼は金で買い戻そうとしたが、教皇領はパルマに残らなかった。

ラヌッチョ2世の治世の晩年にパルマは、サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世と結んでフランスと戦っていた神聖ローマ皇帝ハプスブルク帝国)軍の過酷な駐留に苦しめられた。

家族[編集]

1660年、マルゲリータ・ヴィオランテ・ディ・サヴォイア(サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ1世の娘)と結婚した。マルゲリータは1663年に第2子を出産後に産褥死し、子供2人はともに夭折した。

1664年、イザベッラ・デステモデナ公フランチェスコ1世・デステの娘)と結婚、3子をもうけた。

1668年、マリーア・デステ(先妻イザベッラの妹)と結婚。7子が生まれ、2人が成人した。

先代:
オドアルド
パルマ公
1646年 - 1694年
次代:
フランチェスコ