マリーア・デステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリーア・デステMaria d'Este, 1644年 - 1684年8月20日)は、パルマ公ラヌッチョ2世・ファルネーゼの3番目の妻。モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステとパルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼの娘マリーア・ファルネーゼとの間に生まれた娘で、ラヌッチョ2世の2番目の妻イザベッラ・デステの妹である。

1666年にイザベッラと死別したラヌッチョ2世はその後、別の従姉妹と結婚することに決めた。1667年の10月16日から23日の間に結婚の話がまとまり、1668年の1月16日に結婚式を行った。

2人は多くの子供をもうけたが、この時代の死亡率は高く、以下の2人だけが成人した。

マリーアは1684年8月20日にパルマで死去した。