ファルネーゼ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファルネーゼ家の紋章

ファルネーゼ家(Farnese)は、イタリア貴族の家系。ローマ教皇枢機卿パルマ公などを輩出したことで知られる。

トスカーナ出身のアレッサンドロ・ファルネーゼが教皇(パウルス3世、在位:1534年 - 1549年)に即位したことで勢力を伸ばした。

パウルス3世はパルマピアチェンツァを教皇領から切り離し、1545年、ピエール・ルイージが初代パルマ公になり、その後1731年まで、ファルネーゼ家がパルマ公を継いだ。

ローマアントニオ・ダ・サンガッロミケランジェロが設計したファルネーゼ宮(1515年から建設、現フランス大使館)が、カプラローラにはジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラが設計したパラッツォ・ファルネーゼがある。

主な人物[編集]

関連項目[編集]