マリーア・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリーア・ファルネーゼ
Maria Farnese
モデナ=レッジョ公
Matteo Loves 1610-1662 - Maria Farnese - Musée d'Art et d'Histoire, Geneva.jpg
在位 1631年 - 1646年

出生 (1615-02-18) 1615年2月18日
パルマ
死去 (1646-07-25) 1646年7月25日(31歳没)
サッスオーロ
結婚 1631年1月11日
配偶者 モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステ
子女 本文参照
家名 ファルネーゼ家
父親 パルマ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼ
母親 マルゲリータ・アルドブランディーニ
テンプレートを表示

マリーア・カテリーナ・ファルネーゼMaria Caterina Farnese, 1615年2月18日1646年7月25日)は、モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステの妃。パルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼマルゲリータ・アルドブランディーニとの娘。

1631年1月11日パルマにてフランチェスコ1世・デステと結婚した。[1]2人間に以下の9人の子供がいる[2]

マリーアは1646年に亡くなり、夫のフランチェスコはその妹ヴィットーリアと結婚したが1649年に死別し、ルクレツィア・バルベリーニと結婚した。

参考[編集]

  1. ^ http://www.genealogy.euweb.cz/italy/farnese2.html
  2. ^ http://www.genealogy.euweb.cz/welf/welf10.html#F1