アレッサンドロ・ファルネーゼ (1635-1689)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレッサンドロ・ファルネーゼAlessandro Farnese, 1635年1月10日 パルマ - 1689年2月18日 マドリード)は、イタリアパルマ公国の支配者ファルネーゼ家の公子、軍人。スペイン王家に仕え、ナバラ副王カタルーニャ副王、ハプスブルク領ネーデルラント総督を歴任した。

パルマ公オドアルド1世とのその妻でトスカーナ大公コジモ2世の娘であるマルゲリータ・デ・メディチの間の第3子、次男として生まれた[1]。1656年から1658年までヴェネツィア共和国騎兵軍の将軍として、オスマン帝国との戦争に従軍した。その後スペイン軍に移り、1664年11月17日にイタリア人騎兵部隊の将軍となった。1671年にナバラ副王となり、同時に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。1676年にはカタルーニャ副王に、1678年にはネーデルラント総督に転じ、1682年4月まで総督職にあった。1682年12月から1687年までは、再びヴェネツィア軍の将軍を務めた。1687年にはスペイン大提督の地位を与えられて、スペイン国王の相談役となった。

生涯独身を通したが、愛妾マリア・デ・ラオ(Maria de Lao y Carillo)との間に2男2女の庶子があった。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2003年10月15日). “Alessandro Farnese(Farnese2:C3)”. genealogy.euweb.. 2012年10月15日閲覧。
先代:
ディエゴ・カバレロ・ディ・イジェスカス
ナバラ副王
1671年 - 1676年
次代:
フエンサリダ伯爵
先代:
フアン・アントニオ・パチェーコ・オソリオ・トレド
カタルーニャ副王
1676年 - 1677年
次代:
モンテレイ伯爵
先代:
ビジャエルモサ公爵
ハプスブルク領ネーデルラント総督
1678年 - 1682年
次代:
サヴォーナ侯爵