マルゲリータ・マリーア・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Margherita Maria Farnese.jpg

マルゲリータ・マリーア・ファルネーゼMargherita Maria Farnese, 1664年11月24日パルマ1718年6月17日コロルノ)は、パルマ公国の公女。

生涯[編集]

パルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ2世・ファルネーゼとその2人目の妻イザベッラ・デステとの娘。

母は弟オドアルド英語版を産んだ際に死去し、わずか2年で遺児となった。ラヌッチョは、マルゲリータの母方の叔母マリーア・デステと再婚し、2人の息子をもうけた。

コロルノの宮殿。マルゲリータ・マリーアはここで亡くなった

1692年7月14日パルマにて、モデナ・レッジョ公アルフォンソ4世・デステの息子フランチェスコ2世・デステと結婚した[1]。結婚の際、宮廷音楽人フランチェスコ・アントニオ・ピストッキは、公が好んだジャンルのオラトリオ『聖アドリアーノの殉教』を作曲した[2]

モデナ・レッジョ公妃であったは2年だけで、フランチェスコ2世は痛風多発性関節炎を患い、1694年に亡くなった。子供に恵まれなかったため、フランチェスコ2世の叔父リナルドが公位を継承した。

マルゲリータは1718年の夏に、母を亡くしたのと同じコロルノで死に[3]、そこは1660年に彼女の父により拡張と美化された要塞[4]とファルネーゼ家の夏の別荘[5]があった。

備考[編集]

  1. ^ http://genealogy.euweb.cz/italy/farnese2.html#MR2
  2. ^ http://www.grandezzemeraviglie.it/2001/calendario2001.html
  3. ^ http://www.genealogy.euweb.cz/welf/welf10.html#IF1
  4. ^ http://www.parmaitaly.com/colorno.html
  5. ^ http://www.bassaparmense.it/paesi/Colorno.htm

関連項目[編集]