ラジオ・タイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラジオ・タイランド
運営 タイ国立放送サービス
設立 1938年10月20日
解散 存続中
在籍国 タイの旗 タイ
所在地 タイの旗 タイ
演奏所 タイの旗 タイ
外部リンク Radio Thailand (タイ語)

ラジオ・タイランド英語Radio Thailand )(National Broadcasting Services of Thailand)はラジオ国際放送を行うタイ王国国営放送局コールサインである「HSK9」が略称愛称として用いられる。

放送[編集]

2013年11月現在、タイ語英語ドイツ語ベトナム語ラオ語(ラオス語)、ビルマ語、バハサ マレーシア語日本語中国語普通話マンダリン)、カンボジア語の10言語で、短波による放送が行われている。

日本語放送[編集]

番組内容はヘッドラインとニュースのみで、余った時間にタイのポップス音楽を流す日もある。 ごく稀(まれ)にだが、リスナーからのお便りを紹介する日もある。

放送時間(JST) 周波数
22:00 - 22:15 9390kHz

※JST=UTC+9

送信出力は250kWである。

  • アナウンサー
    • みやい よしあき
    • こじま ひでみ
    • タティア(タイ人女性)
    • みやまえ しげあき

歴史[編集]

日本語放送の歴史[編集]

IBBとの協力関係[編集]

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)などを管轄するアメリカ合衆国の政府機関IBB(w:International Broadcasting Bureau)は、タイ北部のウドーンターニーに中継所を建設した(1994年完成)。この中継所はVOAなどのアジア向け中継の他、ラジオ・タイランドの国際放送にも使用され、その拡張に大きく役立った。同局の局舎はタイ政府がウドーンターニーの用地を提供した際に交換という形でIBBから無償で提供されたものである(1988年)。現在、日本語放送を含む多くのラジオ・タイランドの放送がこのウドーンターニー中継所から送信されている。

また、東南アジア諸国向けの放送が送信されるバンコク郊外パトゥムターニー送信所においても、IBBが提供した送信機が使われている。

一方で、ラジオ・タイランドの北米地域向け英語放送は、アメリカ合衆国内のIBBの送信所から中継放送されている。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]