ラク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラク州
Lac
位置
Lac map.svg
チャドにおけるラク州。
統計
州都: ボル
面積: 19,915 km²
人口(2009年)
 • 人口密度:
451,369人
 • 23人/km²
等時帯: WATUTC+1
ISO 3166-2: TD-LC
テンプレートを表示

ラク州(ラクしゅう、Lac Region)は、チャドの州。チャドに22ある州のうちのひとつである。州都はボル。人口248,226人(1993年)、面積22,320km²。西をニジェールに接し、チャド湖の北岸及び東岸に広がる県である。

ラク州の住民は、カネム人(人口の66%を占める)とブドゥマ人(人口の18%を占める)の2民族が多い。

経済[編集]

ラク州の耕地面積は48132ha、農業生産量は68192t[1]である。ラク州の降水量は300mmと少ないが、チャド湖岸の湿地を利用した農業が行われ、トウモロコシトウジンビエが主に生産されている[2]

設立まで[編集]

2000年まではラク県(Lac Prefecture)と呼ばれていた。

下位行政区画[編集]

ラク州はマムディ県とワイ県の二つの県に分かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「チャド盆地の地域史と農牧業」p244 石山俊(「朝倉世界地理講座 アフリカⅠ」初版所収)、2007年4月10日 朝倉書店
  2. ^ 「チャド盆地の地域史と農牧業」p246 石山俊(「朝倉世界地理講座 アフリカⅠ」初版所収)、2007年4月10日 朝倉書店

関連項目[編集]