カネム州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Map of Chad showing Kanem

カネム州(カネムしゅう、Kanem Region)は、チャド。チャドの22ある州のうちのひとつである。人口280,804人(1993年)。州都マオ

歴史[編集]

この地には西暦700年ごろカネム・ボルヌ帝国が勃興し、1376年にいったんカネム・ボルヌ帝国の支配下より離れるも、16世紀に入りイドリス・アローマによって再びカネム・ボルヌ帝国の支配に戻った。

2008年、東部のバル・エル=ガゼル県が独立し、バル・エル=ガゼル州となった。

2021年4月、チャドで行われた大統領選挙に合わせて「チャド変革友愛戦線英語版」(FACT)がリビア国境を越えてカネム州へ軍事攻勢を開始。一時はカネム州を解放したとの報道もなされたが[1]、同年5月9日までに大規模な戦闘は終了し、チャド軍が勝利宣言を行っている[2]

住民[編集]

10,956人が遊牧民で、269,846人の定住民のうち農村居住者が239,104人、都市居住者が30,742人である。

民族[編集]

カネム州の住民は、ダザ人英語版が48.25%、カネンブ人英語版が40.54%、バッガーラ族英語版ディファ・アラブ英語版)が4.97%を占める。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 反政府勢力、チャド首都への進軍継続表明 大統領死去で”. AFP (2021年4月21日). 2021年5月10日閲覧。
  2. ^ チャド政権、反政府勢力との戦闘で勝利宣言 捕虜156人公開”. AFP (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。

関連項目[編集]