ロゴン・オリエンタル州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロゴン・オリエンタル州
Logone Oriental
位置
Logone Oriental map.svg
チャドにおけるロゴン・オリエンタル州。
統計
州都: ドバ
面積: 23,802 km²
人口(2009年)
 • 人口密度:
796,453人
 • 33人/km²
等時帯: WATUTC+1
ISO 3166-2: TD-LR
テンプレートを表示

ロゴン・オリエンタル州(ロゴン・オリエンタルしゅう、Logone Oriental Region)は、チャドの州。チャドの22ある州のうちのひとつである。 州都はドバ。

下位行政区画[編集]

ロゴン・オリエンタル州はラニャ、ラニャ・ペンデ、ラ・ペンデ、モン・デ・ラムの4県に分かれている。

住民[編集]

州の住民はンガムベイ人が50%を占め、他にゴル人、ムボム人、ゴレイ人などがいる。

経済[編集]

州の主産業は農業で、綿花の栽培が基幹産業であり、食糧作物としてはキャッサバソルガムを中心に落花生トウジンビエも栽培される[1]。ドバ近郊において大油田が発見され、2003年にはドバ油田として操業を開始し、チャド経済の柱となっている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「チャド盆地の地域史と農牧業」p245 石山俊(「朝倉世界地理講座 アフリカⅠ」初版所収)、2007年4月10日 朝倉書店
  2. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/sp/earth/200406/_02.shtml 「枯渇迫る石油」ナショナルジオグラフィック2004年6月号 2019年12月31日閲覧

関連項目[編集]