ヨコヅナサシガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメの成虫
ヨコヅナサシガメの成虫
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
亜綱 : 有翅昆虫亜綱 Pterygota
下綱 : 新翅下綱 Neoptera
上目 : 節顎上目 Condylognatha
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目 Heteroptera
下目 : トコジラミ下目 Cimicomorpha
上科 : サシガメ上科 Reduvioidea
: サシガメ科 Reduviidae
亜科 : Harpactorinae
: Agriosphodrus
: ヨコヅナサシガメ A. dohrni
学名
Agriosphodrus dohrni
(Signoret, 1862)[1]

ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀、学名: Agriosphodrus dohrni)は、カメムシ目(半翅目)サシガメ科に分類されるカメムシの一種。日本に生息するサシガメの仲間では最も大型の種類である。

形態[編集]

成虫の体長は16-24mm[2][3]。体色は光沢のある黒色で、頭部が細長く、腹部の縁は黒地に白い横線が入り、の外側に張り出して反り返っている。体の黒色部は、羽化直後の外骨格が硬化する前の段階では鮮やかな赤色をしている。

生態[編集]

サクラエノキケヤキクワヤナギなどの大木の樹幹や樹洞に集団で生息する。幼虫・成虫とも幹を歩き回ってケムシなど他の昆虫を捕え、細長い口吻を突き刺して体液を吸う。不用意に触れるとこの口吻で刺されることがあり、刺されると激痛を伴うので注意が必要である。

成虫は6月ごろ産卵し、8月ごろ孵化する。幼虫で越冬し、木の幹の窪みに数十から数百匹程度の集団[3]でじっとしている。翌年の羽化して成虫となる。

分布[編集]

中国から東南アジアにかけて分布する[1][3]

日本にも移入分布しており、昭和初期にそれらの国からの貨物に紛れて九州[1]に入ってきたと考えられている。その後次第に生息域を拡大し、1990年代になって関東地方でも見かけられるようになった[3]

注と出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2016年5月18日閲覧。
  2. ^ 『日本の昆虫1400 1 チョウ・バッタ・セミ』 槐真史編、伊丹市昆虫館監修、文一総合出版〈ポケット図鑑〉、2013年、249頁。ISBN 978-4-8299-8302-7
  3. ^ a b c d 国立環境研究所. “ヨコヅナサシガメ”. 侵入生物データベース ―外来種/移入種/帰化動植物情報のポータルサイト―. 2016年5月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中野貴瑛、瀧本岳「ヒロヘリアオイラガとヨコヅナサシガメの外来生物間相互作用」、『昆蟲(ニューシリーズ)』第14巻第1号、日本昆虫学会2011年、 11-20頁、 ISSN 1343-8794NAID 110009860005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]