日本昆虫学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本昆虫学会(にほんこんちゅうがっかい、英語名 The Entomological Society of Japan)は、1917年東京帝国大学第2学生集会所において「東京昆蟲学会」として創立、1935年「日本昆蟲学会」と改称された。1938年「日本応用昆蟲学会」が設立され、実質上、日本昆蟲学会の応用分野が独立。1988年日本応用動物昆虫学会より合併についての申し入れがあったが、1995年両学会の合併は不成立となった[1][2]

事務局を東京都新宿区高田馬場4-4-19(株)国際文献印刷社[3]内に置いている。

名誉会員[編集]

名誉会員[4]

会誌[編集]

  • 日本昆虫学会刊行物一覧 国立情報学研究所
  • 「Entomological Science」 1巻1号(1998年3月)- (英文誌)
  • 「昆蟲(ニューシリーズ)」(Japanese Journal of Entomology (New Series)) 1巻1号 (1998年6月)- (和文誌)
  • 「昆蟲」(Japanese Journal of Entomology) 1巻1号 (1926年6月)-65巻4号(1997年12月) 以後上記2誌に分割

自然保護委員会[編集]

日本昆虫学会自然保護委員会は、昆虫を中心とした自然保護・生物多様性保全に関する問題を審議し、評議員会の承認を得ながらさまざまな活動を展開している[5]

主な関連団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]