ヨウスコウカワイルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨウスコウカワイルカ
ヨウスコウカワイルカ
ヨウスコウカワイルカ Lipotes vexillifer
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: クジラ目 Cetacea
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: ヨウスコウカワイルカ科 Lipotidae
: ヨウスコウカワイルカ属 Lipotes
: ヨウスコウカワイルカ
L. vexillifer
学名
Lipotes vexillifer
Miller, 1918
和名
ヨウスコウカワイルカ
英名
Chinese River Dolphin
生息域
生息域

ヨウスコウカワイルカ(揚子江河海豚、Lipotes vexillifer)は淡水に生息するイルカで、長江(揚子江)の固有種である。ハクジラ亜目ヨウスコウカワイルカ科ヨウスコウカワイルカ属に分類され、本種のみでヨウスコウカワイルカ科ヨウスコウカワイルカ属を形成する。Baiji(白鱀)、Beiji、Pai-chi、Whitefin Dolphin(白ひれイルカ)、Whiteflag Dolphin(白旗イルカ)、Yangtze Dolphin、Yangtze River Dolphin などと呼ばれている。

概要[編集]

淡水に生息するイルカは世界に4種が知られており、ヨウスコウカワイルカはその中の1種である。他の3種は、南米アマゾン川およびラプラタ川に生息するアマゾンカワイルカラプラタカワイルカインド亜大陸のガンジス川インダス川に生息するインドカワイルカである。

紀元前3世紀ごろに書かれた中国の辞典である『爾雅』にヨウスコウカワイルカに関する記述があり、当時の生息数は約5,000頭と推定されている。中国の伝統的な物語において、ヨウスコウカワイルカは、愛していない男との結婚を拒否して家族に溺死させられた姫の生まれ変わりとして描かれている。また平和と繁栄の象徴と考えられ、「長江女神」、すなわち「長江の女神」の愛称でも呼ばれている。

ヨウスコウカワイルカの個体数は、中国の工業化、魚の乱獲、船舶による水上輸送、水力発電(ダム建設)などの影響により激減しており、三峡ダムの建設は、ヨウスコウカワイルカの生息環境に対し致命的な被害を与えている。本種を保護する努力は行われているが、2006年の大規模な調査でも生息の確認はできなかったため一時は絶滅の可能性も指摘された[2]。その後個体が確認されたが、なお絶滅の危機に瀕している。ヨウスコウカワイルカが絶滅した場合、1950年代のニホンアシカカリブモンクアザラシの絶滅以来の水生哺乳類の絶滅とされ、クジラ類の中のよく研究されている種においては、人間が絶滅の直接要因となった初めての例となる。

分類学[編集]

ヨウスコウカワイルカは、1918年、Gerrit Smith Miller によって新種として報告された。

ヨウスコウカワイルカ科 Lipotidae Zhou, Qian & Lee, 1978

  • ヨウスコウカワイルカ属 Lipotes Miller, 1918

形態および生態[編集]

ヨウスコウカワイルカは1年の上半期が生殖期間であると考えられ、出産は2月から4月にピークを迎える[3]。妊娠率は30%であることが観察された[4]。妊娠期間は10-11か月で、1度につきに1頭の子を生む。出産間隔は2年である。生まれた子イルカの体長は約80-90cmで、育児期間は8-20か月である[5]。雄は4年、雌は6年で性成熟する[5]。成体の雄の体長は約2.3m、雌は約2.5m、最も大きな個体は約2.7mであった[5]。体重は135-230kg[5]、野生下での寿命は約24年と見られている[6]

遊泳速度は通常時速10-15kmであるが、危険から逃れるときには時速60kmに達する。視覚は弱いため、主にソナーによるエコーロケーションに頼っている。

分布[編集]

かつては宜昌から上海近くの河口まで、長江の中流から下流にかけての 1,700km にわたって生息していた。近年、生息域は数百キロメートルにまで減少し、主に付属湖である洞庭湖鄱陽湖の間にある中流域の長江本流に限られた[7]。世界の人口の約12%が長江流域で生活しており、河川の環境に影響を与えている[8]。三峡ダムの建設やその他のダムの計画も生息域の減少を招いている。

進化史[編集]

ヨウスコウカワイルカの祖先は約2,500万年前には存在し、約2,000万年前に海を離れて長江に移り住んだことが化石から分かっている[9]

保護[編集]

1950年代の個体数はおよそ6,000頭だったと見られており、その後の50年間で急速に減少した[10]。1970年代には数百頭減少しただけだったが、1980年代には400頭まで減少し、本格的な調査をした1997年には13頭にまで減少していた。生息している個体数を見積もることは容易ではないが、2006年11月から12月にかけて行われた大規模な調査では1頭も確認することができず、現時点での生息数はきわめて僅かであると考えられる[2]。クジラ類の中では最も絶滅の危機に瀕している種である。

個体数減少の原因[編集]

もともと長江のみの固有種で個体数が少なかったヨウスコウカワイルカは、近年の中国の経済発展で長江沿岸が開発されるに伴い、急速に数を減らしていった。飼育がきわめて困難で、繁殖が難しいことも、保護において大きな足かせとなっていた(飼育成功例自体が極めて少なく飼育下の繁殖成功例に至っては皆無)。

国際自然保護連合 (IUCN) は、種への脅威として以下を述べている:大躍進政策時に行われた人間による狩猟、漁具への絡まり、違法な電気漁法の慣行、船舶への衝突、生息環境の消失および汚染。大躍進政策の期間には、「長江の女神」としての古くからの尊敬の念は排除され、肉や皮を目当てに狩猟が行われて急速に減少した[1]

年表[編集]

  • 紀元前3世紀頃 - 推定個体数約5,000頭
  • 1950年代 - 推定約6,000頭
  • 1958-1962年 - 大躍進政策が施行される
  • 1970年 - 葛州覇プロジェクト開始
  • 1979年 - 中国政府が絶滅危惧種に指定
  • 1983年 - 法律で捕獲を禁止
  • 1986年 - 推定約300頭
  • 1989年 - 葛州ダム完成
  • 1990年 - 推定約200頭
  • 1994年 - 三峡ダム建設開始
  • 1996年 - IUCNが「絶滅寸前」としてリストに記載
  • 1997年 - 推定50頭以下(13頭確認)
  • 1998年 - 7頭確認
  • 2003年 - 三峡ダム貯水開始
  • 2006年 - 1頭も確認ができず、"絶滅"が宣言される

飼育[編集]

かつて雄の個体が捕獲され、淇淇(チーチー、Qi Qi)と名付けられて、武漢水生生物研究所において1980年から2002年7月14日まで飼育された。淇淇は洞庭湖の漁師によって発見された後、東洞庭湖近くのヨウスコウカワイルカ水族館(白鱀豚水族馆)で飼育され、同水族館の最後の個体となった。

淇淇の後に捕獲された個体は、石首半自然ヨウスコウカワイルカ保護区(石首半自然白鱀豚保护区、Shishou Semi-natural Baiji Dolphin Sanctuary)で、1996年から1997年までの1年間の飼育の後、死亡した(同保護区には1990年から1996年までは飼育されているヨウスコウカワイルカはいなかった)。

1998年、上海の近くの崇明島において雌の個体が捕獲され飼育された。しかし給餌がうまくいかず、1か月で餓死してしまった。

保護活動[編集]

1970年代には中国はヨウスコウカワイルカの生息状況が不安定であると認識しており、政府はイルカの殺傷の禁止、漁業の制限、自然保護区の設立などを行った。

1978年、中国科学院は、武漢水生生物研究所 (Wuhan Institute of Hydrobiology) の支所として、淡水海豚研究センター(淡水海豚研究中心)を開設した。

1996年12月、中国で最初の水生動物保護組織として、武漢ヨウスコウカワイルカ保護財団(武汉白鱀豚保护基金会、The Baiji Dolphin Conservation Foundation of Wuhan)が設立された。同基金は1,383,924.35人民元(約17万米ドル、約2,000万円)を集め、ヨウスコウカワイルカ保護施設の維持や、細胞の保存などのために使われている。

2003年から、独立行政法人遠洋水産研究所江ノ島水族館の協力により、日中共同で保護事業を開始している。

国際自然保護連合 (IUCN) のレッドリストでは、絶滅危惧IA類 (Critically Endangered (CR)) に分類されている[1]。クジラ目の中では、コガシラネズミイルカ (Phocoena sinus) とともに、最も絶滅の危機に瀕している種であり、すでに絶滅している可能性も高い。

現在の状況[編集]

2006年12月13日、baiji.org Foundation により、ヨウスコウカワイルカはほぼ絶滅していると発表された[2][11]。同年11月から12月にかけて、長江流域ののべ 3,500km に渡る大規模な調査が行なわれたが、ヨウスコウカワイルカは1頭も発見することができなかった。人類が引き起こしたクジラ類の絶滅としては最初のものであり、15世紀以降の哺乳類における全体の絶滅としては4例目で、大型脊椎動物の絶滅としてはここ50年間で唯一の事例であると考えられている[12]。 2007年9月12日にはIUCNも絶滅した可能性があると発表した[13][14]

2007年8月19日、ヨウスコウカワイルカと思われる動物が撮影されたことにより[15]、再調査が計画されている。しかし、種の維持には最低でも50頭程度が必要と言われており[16]、ヨウスコウカワイルカが危機的状況にあることには変わりがない。

なお、2009年9月には東洞庭湖保護区で江豚(スナメリ)が約132頭確認されている[17]スナメリは主に海水域に生息するが、淡水である長江に生息する個体群も存在し、中国では江豚と呼ばれている。ヨウスコウカワイルカに比べ、体型は小さく、および背びれがほとんどない。確認された約132頭のイルカはスナメリ属の小型イルカであり、ヨウスコウカワイルカ (L. vexillifer) ではない。一部報道では長江のスナメリ(江豚)のことを「ヨウスコウカワイルカ」と表記している場合がある[18]。長江に生息するスナメリもヨウスコウカワイルカと同様に絶滅が危惧されている[19][20]

参考[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Smith, B.D., Zhou, K., Wang, D., Reeves, R.R., Barlow, J., Taylor, B.L. & Pitman, R. 2008. Lipotes vexillifer. In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.2. <www.iucnredlist.org>.
  2. ^ a b c "The Chinese river dolphin is functionally extinct". baiji.org. 2006-12-13.
  3. ^ Culik, B. (2003年). “Lipotes vexillifer, Baiji”. 2006年12月18日閲覧。
  4. ^ IWC. 2000. Report of the Standing Sub-Committee on Small Cetaceans. IWC/52/4. 52nd Meeting of the International Whaling Commission, Adelaide, Australia.
  5. ^ a b c d Animal Info - Baiji”. animalinfo.org. 2006年12月18日閲覧。
  6. ^ Nowak, R.M. 1999. Walker's Mammals of the World. 6th Ed. The Johns Hopkins Univ. Press, Baltimore.
  7. ^ Reeves, R.R., Smith, B.D., Crespo,E.A. & Notarbartolo di Sciara, G. (eds.) (2003) Dolphins, Whales and Porpoises: 2002-2010 Conservation Action Plan for the World’s Cetaceans. IUCN/SSC Cetacean Specialist Group. IUCN, Glad, Switzerland and Cambridge, U.K.
  8. ^ Report of the Workshop on Conservation of the Baiji and Yangtze Finless Porpoise”. 2006年12月3日閲覧。
  9. ^ Yongchen Wang (2007年1月10日). “Farewell to the baiji”. China Dialogue. 2007年8月19日閲覧。
  10. ^ "Rescue Plan Prepared for Yangtze River Dolphins". China Daily. 2002-07-11.
  11. ^ 「中国・長江のヨウスコウイルカ絶滅か、水質汚染などで」 NIKKEI NET 2006年12月14日
  12. ^ S. T. Turvey et al., "First human-caused extinction of a cetacean species?" Biology Letters, The Royal Society, Aug. 7, 2007. DOI 10.1098/rsbl.2007.0292. Abstract
  13. ^ IUCN, "Extinction crisis escalates: Red List shows apes, corals, vultures, dolphins all in danger" Sep. 12, 2007.
  14. ^ 中国のヨウスコウカワイルカ、絶滅か…国際自然保護連合 読売新聞 2007年9月13日
  15. ^ Rare dolphin 'sighted' in China BBC NEWS. 29 August 2007.
  16. ^ Shaffer, ML. and FB. Samson (1985) Population size and extinction: a note on determining critical population sizes. Am. Nat., 125 : 144-152.
  17. ^ 湖南东洞庭湖湿地公园完成规划 生活约132头江豚 news.changsha.cn. Aug. 19, 2009.
  18. ^ サーチナ2009年9月1日「絶滅危惧種のヨウスコウカワイルカ、数の回復が見られる」2012年11月30日閲覧
  19. ^ Cetacean Specialist Group 1996. Neophocaena phocaenoides ssp. asiaeorientalis. In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2009.2. <www.iucnredlist.org>.
  20. ^ WWF:河イルカにヨウスコウカワイルカと同じ運命を辿らせるな www.enviroasia.info 2006年12月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. baiji.org
  2. Animal Info page on Baiji
  3. whale-web.com
  4. U.S. Fish and Wildlife Service
  5. 海棲哺乳類図鑑「ヨウスコウカワイルカ」 国立科学博物館 動物研究部

ニュース[編集]

  1. ヨウスコウカワイルカがほぼ絶滅―「種の存続」に必要な数以下に減少