アマゾンカワイルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマゾンカワイルカ
アマゾンカワイルカ
アマゾンカワイルカ Inia geoffrensis
保全状況評価[1][2][3]
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
亜目 : Whippomorpha
下目 : Cetacea
小目 : ハクジラ小目 Odontoceti[4]
: アマゾンカワイルカ科 Iniidae
: アマゾンカワイルカ属 Inia
: アマゾンカワイルカ
I. geoffrensis
学名
Inia geoffrensis
(Blainville, 1817)
和名
アマゾンカワイルカ[5]
英名
Amazon river dolphin
Boto
Boutu
Pink river dolphin
[3]

分布域

アマゾンカワイルカ (Inia geoffrensis) は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)アマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属に分類される鯨類。

現生群は本種および2008年に本種の亜種から独立種とされたInia boliviensis[6]、2014年に本種の個体群から新種記載された Inia araguaiaensisの3種でIniidae科アマゾンカワイルカ属を形成する説もある。

南アメリカのアマゾン川水系(オリノコ川含む)に固有のである。生息域はマイルカ科コビトイルカとほぼ同じであるが、外観が全く異なるので混同するおそれはない。

別名が多く、IUCNが挙げているものとしては、Amazon Dolphin(アマゾンイルカ)、Boto Vermelho、 Boto Cor-de-Rosa、Bouto、Bufeo、Dauphin de l'Amazone、Inia、Pink Dolphin(ピンクイルカ)、 Pink Freshwater Dolphin(淡水ピンクイルカ)、Pink Porpoise(ピンクネズミイルカ)、Toninaがある。 また、3,500万年前に生きていた原始的なクジラと同じ特徴を備えていることから、“生きた化石”とも呼ばれている[要検証 ]

形態[編集]

成体の典型的な体長は雄約2.8m、雌で2.3mに達し[7]、体重は約100 - 160kgとなる[8]。現生のカワイルカとしては最も大きい種類である。口は細長く、上下の顎には25から35対の円錐形の歯がある。前方の歯は鋭く尖っており、食物の咀嚼よりも魚体などの捕捉に有用である[9]。奥のものは頂が平坦で鈍く、カニやカメなどを砕く役割を持つ。目は極端に小さい[8]が視力は良く、下方向を除いて(膨らんだ頬が視界を遮る)良く見渡すことができる。他の多くのイルカとは異なり頚椎の骨が互いに固定されていないため、頭部を広範囲に動かすことが可能である。胸びれは体長の割りには大きく、後方に湾曲し,後縁に凹凸が多い。背びれはなく、背中には進化の痕跡として三角形の瘤(こぶ)がある。尾びれは幅広い。[8]

I. boliviensisにおいて、見かけ上の違いは特にメスで顕著で、体長がやや短い、頭部がやや小さい、体型が丸みを帯びている、歯の本数が多い、ことが確認されている[6]

体色は様々である。明るいピンクを中心に、暗い茶色、クリーム色などがある。ボリビアカワイルカは対照的に淡いグレーを中心としている[6]

分類[編集]

亜種I. g. boliviensisを独立種とする説もある[5]。Riceの1998年の分類[Rice98]ではアマゾンカワイルカ属は1種3亜種であった

Inia geoffrensis geoffrensis
エクアドル、ブラジル、ペルーのアマゾン川流域[3]
歯数は上下左右で26 - 31本ずつ[5]
Inia geoffrensis boliviensis
ボリビアのマデイラ川流域[3]
歯数は上下左右で31 - 35本ずつ[5]
Inia geoffrensis humboldtiana
コロンビア、ベネズエラのオリノコ川流域[3]
歯数は上下左右で24 - 27本ずつ[5]

近年の研究から2008年にマデイラ川流域に生息する亜種I. g. boliviensisが独立種として分割する説が提唱された[6]。2014年にトカンチンス川アラグアイア川に生息する個体群が、I. araguaiaensisとして新種記載された[10]

Inia geoffrensis Amazon River Dolphin
I. g. geoffrensis - マデイラ川流域を除くアマゾン川流域に生息
I. g. humboldtiana - オリノコ川流域に生息
Inia boliviensis Bolivia River Dolphin
アマゾン川水域のマデイラ川流域に生息
Inia araguaiaensis Araguaian River Dolphin
アマゾン川水域のトカンチンス・アラグアイア川流域に生息(両河川は合流し、確認された分布域は合流地点の下流にあるトゥクルイダムより上流)

生態[編集]

川底に生息するカニや小魚を食べる。小さなカメを食べることもある。

通常は単独ないし2頭で行動することが多く、3頭以上の群を成して行動することは少ないが、極めて稀に20頭程度の群を成すこともある。

人間との関係[編集]

網にかかった魚類を奪うこともある[5]

ダム建設による生息地の分断化、金採掘による水銀中毒、漁業による混獲、爆発物による漁法、魚を誘き寄せるための殺害、害獣としての駆除などによる影響が懸念されている[3][5]。1979年に鯨目(現在のCetacea下目)単位でワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]


多くのカワイルカは、絶滅の危機に瀕している。その中でカワイルカとしては最も安定して生息している種である。とはいえ、IUCNレッドリスト1994年(平成6年)版、2000年(平成12年)版、2006年(平成18年)版)では、「脆弱」 (VU:Vulnerable) に分類されている。ヨウスコウカワイルカインドカワイルカの生息域が急速に縮小してしまったのとは対照的に、生息域は長期間に渡って比較的安定している。したがって2008年(平成20年)版ではDDに分類されている。 生息域は熱帯雨林であって、近づき難いために完全な調査は行われてはいないが、全生息数は数万頭であると見積もられている。このうちI. boliviensisの個体数は属内でもっとも多く、25,000頭以上が生息しているとみられている[6]

直接的には漁(捕鯨)の対象となったことはない[5]。 しかし漁師が漁具を保護することを目的として、アマゾンカワイルカを時々殺すことがあったことは知られている。 ただしこの行為が、群としてのアマゾンカワイルカの生息を脅かすほどの影響があったかどうかは明確ではない。 この行為は、1988年(昭和63年)以降は、ブラジルとボリビアの全域、ペルー、ベネズエラ、コロンビアの保護区においては法律的に禁止されている。

伝承[編集]

アマゾン川流域において、アマゾンカワイルカにまつわる次のような民間伝承が知られている。 夜中、アマゾンカワイルカはハンサムな若い人間の男性に化けて乙女に近づき、妊娠させて、朝になると元のイルカになって川へ戻っていく。 アマゾンカワイルカの雄の生殖器は人間の男性の生殖器に似ており、このことがこの伝説の基になっているという説もある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 22/07/2017)
  2. ^ a b UNEP (2017). Inia geoffrensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 22/07/2017)
  3. ^ a b c d e f Reeves, R.R., Jefferson, T.A., Karczmarski, L., Laidre, K., O’Corry-Crowe, G., Rojas-Bracho, L., Secchi, E.R., Slooten, E., Smith, B.D., Wang, J.Y. & Zhou, K. 2011. Inia geoffrensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2011: e.T10831A3220342. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2011-1.RLTS.T10831A3220342.en. Downloaded on 22 July 2017.
  4. ^ 日本哺乳類学会 種名・標本検討委員会 目名問題検討作業部会 「哺乳類の高次分類群および分類階級の日本語名称の提案について」『哺乳類科学』第43巻 2号、日本哺乳類学会、2003年、127-134頁。
  5. ^ a b c d e f g h 粕谷俊雄 「アマゾンカワイルカ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ2 アマゾン』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、124頁。
  6. ^ a b c d e National Geographic News (August 20, 2008)[リンク切れ]
  7. ^ 『鯨類学』 図鑑/世界の鯨類61
  8. ^ a b c 『世界哺乳類図鑑』 184頁
  9. ^ 『哺乳類の進化』 218頁
  10. ^ http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0083623
  1. Dale W. Rice, Marine mammals of the world: systematics and distribution, Society of Marine Mammalogy Special Publication Number 4, p. 231 (1998).
  2. Dolphins, Whales and Porpoises: 2002–2010 Conservation Action Plan for the World's Cetaceans. IUCN/SSC Cetacean Specialist Group 2003, Reeves et al. Report in PDF format (2Mb)
  3. Convention on Migratory Species page on the Amazon Dolphin
  4. Walker's Mammals of the World Online - Amazon Dolphins
  5. Animal Info page on the Boto
  6. Cetacea.org page on the Boto
  7. 海棲哺乳類図鑑「アマゾンカワイルカ」 国立科学博物館 動物研究部

関連項目[編集]