ユリウシュ・スウォヴァツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリウシュ・スウォヴァツキ[1]
Juliusz Słowacki
Juliusz Słowacki 1.PNG
ジェームズ・ホープウッド (子)英語版によるユリウシュ・スウォヴァツキの肖像
誕生 Juliusz Słowacki
(1809-09-04) 1809年9月4日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現:ウクライナヴォルィーニ県クレメネツ英語版
死没 (1849-04-03) 1849年4月3日(満39歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
墓地 モンマルトル墓地(1926年まで)
ヴァヴェル大聖堂(1927年以降)
職業 詩人劇作家
言語 ポーランド語
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
最終学歴 ヴィリニュス大学
ジャンル 叙事詩抒情詩)、
文学活動 ロマン主義
代表作 コルディアン英語版(1833年)
バラディーナ英語版』(1834年)
サイン
テンプレートを表示

ユリウシュ・スウォヴァツキ[1]ポーランド語:Juliusz Słowacki1809年9月4日 - 1849年4月3日)は、ロシア帝国(現:ウクライナクレメネツ英語版生まれポーランドロマン派詩人劇作家

叙事詩パン・タデウシュ英語版』を書いたアダム・ミツキェヴィチ戯曲『イリディオン』を書いたジグムント・クラシンスキ英語版と共に「ポーランド・ロマン主義の三大詩人」または「三羽の鳥ポーランド語版」に数えられる[2][3]

代表作は、戯曲では『コルディアン英語版』(1833年)や『バラディーナ英語版』、『リラ・ヴェネーダ(Lilla Weneda )』(1839年)、叙事詩では『ベニョフスキ英語版』(1841年)、絶筆となった抒情詩『精霊王』(『霊魂の王』とも。1845年)などがある。

生涯[編集]

旧ポーランド南東部のクシェミェニェツ(ポーランド語pl:Krzemieniec、現在はウクライナのクレメネツuk:Кременець)に生まれる。父親エウゼビウシュはクシェミェニェツ高等学校、ヴィリニュス大学の文学教授であり、母親サロメアはヤヌシェフスキ家出身の教養ある人物であった。エウゼビウシュの死後、サロメアは医者のアウグスト・ベキュと再婚した。ヴィリニュスにて、彼女は文学サロンを開き、スウォヴァツキはそこで詩人アダム・ミツキェーヴィチと知り合った。

1825-1828年、ヴィリニュス大学で法学を学ぶ。

1829年にワルシャワへ移り、政府歳入・財務委員会で職を得た。11月蜂起が起きると、国民政府蜂起外交局で働いた。

1831年3月にヴロツワフ経由でドレスデンに入り、パリロンドンを旅行する。

1832年、パリで思うような評価が得られず落胆し、スイスレマン湖畔へ移る。

1834年、ポーランドのヴォジンスキ家と共にアルプス旅行。恋愛詩『スイスにて』(1835-1838)が生まれる。

1836年にスイスを離れ、ローマへ赴く。詩人ズィグムント・クラシンスキと親交を深める。その後ナポリへ移り、東方への旅に出る。

1837年までに、ギリシャエジプトパレスチナシリアを旅行し、パリへ戻る。『ナポリから聖地への旅』(1836-1839)を執筆。

1842年、メシアニストアンジェイ・トヴィヤンスキが率いる「神を考える会」に入り、同じくトヴィヤンスキの信者であったミツキェーヴィチとも繰り返し顔を合わせた。翌年には会を離れる。

1848年、結核を患いながらも、蜂起に参加するため、ポーランドヴィエルコポルスカ地方へ行くが、結局蜂起には加わらなかった。ヴロツワフで母と再会。

1849年、パリで死去。遺体はモンマルトル墓地に埋葬されたが、1927年、クラクフヴァヴェル大聖堂に移された。なお隣のお墓にはアダム・ミツキェヴィチが眠っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ユリウシュ・スウォワツキ」や「ユリウシュ・スウォバツキ」などの表記揺れがあるが、本項目では「ユリウシュ・スウォヴァツキ」で統一する。
  2. ^ スウォワツキとは - コトバンク、2017年5月22日閲覧。
  3. ^ クラシンスキとは - コトバンク、2017年5月22日閲覧。

参考文献[編集]