ヤブレガサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤブレガサ
Syneilesis palmata 4.JPG
福島県会津地方、2010年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ヤブレガサ属 Syneilesis
: ヤブレガサ S. palmata
学名
Syneilesis palmata (Thunb.) Maxim.
シノニム

Cacalia thunbergii Nakai

和名
ヤブレガサ(破れ傘)

ヤブレガサ(破れ傘、学名 Syneilesis palmata)は、キク科ヤブレガサ属多年草

特徴[編集]

若い個体は根出葉1枚のみで、花茎が出ない。年数が過ぎ、栄養が蓄積されると花茎を出す。は直立し、分枝せず、高さは70-120cmになる。根出葉は1枚。茎葉は2-3枚で互生し、下方のは長い葉柄を持ち、葉柄の基部は茎を完全にとり巻く。葉身は円形で、径35-39cm、ときに50cmになり、7-9個の裂片に掌状深裂する。各裂片はしばしば2中裂し、その幅は2-4cmになり、縁に不ぞろいな鋭鋸歯がある。若い葉には絹毛があるが、後に無毛になる。

花期は7-9月、茎の先に円錐花序に白色から淡紅色の頭花をつける。総苞は長さ9-10mmの筒状、総苞片は5個。頭花は7-13個の小花からなり、すべて両性の筒状花。小花の花冠は5裂し、花柱の先は2つに分かれ反り返る。

和名の由来は、芽出しの頃の若い葉の様子が「破れ傘(やぶれがさ)」に似ることによる。

分布と生育環境[編集]

日本では、本州、四国、九州に分布し、山地の林下の斜面などに生育する。東アジアでは朝鮮半島に分布する。

利用[編集]

芽出しの頃の、葉が展開する前の葉と茎は、山菜として食用にされる。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]