ヤコブの杖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤコブの杖( - つえ、英:Jacob's staff)またはクロス・スタッフ(cross-staff、直訳すると「十字型の杖」)とは、天体の高度角を測る道具で、西洋では14世紀ころから使用され始めた。航海術測量術、または天文観測において、北極星または太陽の高度角を測ることによって緯度を知るために用いられた。名前の由来は当時の星座から(今で言うオリオン座のうち、「帯」の三つ星とリゲルベテルギウスはヤコブの杖と呼ばれていた)とも言われる[1]

目盛りの刻まれた長い棒と、それに直角に取り付けられて自由に動かせる短い棒(クロスピース、十文字片[1]と呼ばれる)から成る。長い棒を目の前に構え、その上下に目標の天体と水平線が来るようにクロスピースを動かして、クロスピースの位置を目盛りで読むことによって使用する。

インド洋の航海者だったアラビア人たちは、アル・ケマル(カマル Kamal とも[2])と呼ばれる器具を使用していた。これはヤコブの杖と同じ原理だが、目盛りの付いた棒の代わりに結び目のある紐を、クロスピースの代わりに板を使ったものであった。15世紀には既に定着していた[2]アストロラーベ四分儀(コードラント)も緯度を知るための道具であったが、ゆれる船上では、重く使用しにくいものであったので、クロス・スタッフが用いられるようになった。

中国では11世紀の学者、沈括の『夢渓筆談』にこのような道具の記述がある。ヤコブの杖が西洋の文献に登場するのは14世紀のユダヤ人の数学者レビ・ベン・ゲルソンによるものである。16世紀のオランダのアドリアーンスゾーン・メチウスゲンマ・フリシウスによって改良が加えられた。

出典[編集]

  1. ^ a b 茂在寅男『航海術 - 海に挑む人間の歴史』中公新書、1967年
  2. ^ a b H・C・フライエスレーベン『航海術の歴史』岩波書店、1983年

関連項目[編集]