夢渓筆談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夢渓筆談』(むけいひつだん)は、北宋沈括(しんかつ)による随筆集。26巻。ほかに『補筆談』・『続筆談』がある。とくに科学技術関係の記事が多いことで知られる。

成立[編集]

沈括は没するまでの8年間、潤州(今の鎮江市)で隠居生活し、『夢渓筆談』はその間(おおむね北宋の元祐年間)に書かれた。夢渓とは隠居中の住居の名前[1]

構成[編集]

『夢渓筆談』正篇は最初は30巻あったらしいが[2]、現行本は26巻からなり、17類に分けている。

  • 故事(巻1-2)
  • 弁証(巻3-4)
  • 楽律(巻5-6)
  • 象数(巻7-8)
  • 人事(巻9-10)
  • 官政(巻11-12)
  • 権智(巻13)
  • 芸文(巻14-16)
  • 書画(巻17)
  • 技芸(巻18)
  • 器用(巻19)
  • 神奇(巻20)
  • 異事(巻21)
  • 謬誤(巻22)
  • 譏謔(巻23)
  • 雑誌(巻24-25)
  • 薬議(巻26)

ほかに『補筆談』(現行本では3巻)も同様に類分けされている。『続筆談』1巻は分類されていない。『補筆談』・『続筆談』はおそらく沈括の没後に遺稿をもとに編集されたものだろうという[3]。胡道静によると全部で609条からなる[4]

内容[編集]

『夢渓筆談』の内容は多様である。胡道静は609条のうち社会科学関係が420条・自然科学関係が189条とする[5]。科学技術関係で有名な記事をいくつかあげる。

  • 日食月食が毎月起こらないのは黄道白道がずれているためとし、両者の交点は月に1度あまり移動することを指摘した。また羅睺計都と呼ばれるものはこの交点のことだとした。(象数一)
  • 矩形数の総和を求める公式を記している。等差級数でも等比級数でもない級数は『夢渓筆談』以前には扱われたことがなかった[6]。(技芸)
  • 慶暦年間に畢昇が膠泥による活版印刷術を行ったことを記す。(技芸)
  • 発掘された古代の銅器について数多く記している。(器用など)
  • 治平元年(1064年)に常州に隕石が落ちた様子を詳しく記し、石の色も重さも鉄のようだったという。(神奇)
  • 延州で石化した竹が発見されたことから、この土地がかつては今より湿潤だったのだろうかと言っている。(異事)
  • 方位磁針に関する世界最古の記述がある。(雑誌一)
  • 鄜延路(今の陝西省)の石油を原料とするを発明したことを記す。松は枯渇してしまうので、将来は地下に無尽蔵にある石油製の墨が流行すると予測している。なお石油そのものは以前から知られていたが、「石油」の語は『夢渓筆談』にはじめて現れる。(雑誌一)
  • 太行山の崖に貝殻などがあるのを観察して、かつては海岸だったと判断している。(雑誌一)
  • 立春を孟春1日、啓蟄を仲春1日……とする一種の太陽暦の提案(十二気暦を参照)。(補筆談巻2)

沈括は王安石のブレーンであり、『夢渓筆談』の記述は王安石の新法を理解するためにも重要である[7]

テクスト[編集]

現行本の『夢渓筆談』正篇はみな南宋乾道2年(1166年)の揚州州学刊本に由来するが、乾道本は現存していない。

現存最古の版本は大徳9年(1305年)刻本で(乾道本の重刻)、いったん宮中から流出したものを1965年に香港から買い戻し[8]、現在は中国国家図書館が所蔵する。1975年に文物出版社から影印本が出版された。

現代中国では胡道静『夢渓筆談校証』(1956)が詳細な注釈を加え、逸文も集めている。胡道静は翌年『新校正夢渓筆談』を出版し、その後も研究を続けたが、文化大革命によって原稿はすべて失われた[9]

日本語訳[編集]

日本語の全訳は、坂出祥伸ら多数による京都大学の共同研究で提出された草稿を梅原郁が修正して注を加え、1978年に出版された。

脚注[編集]

  1. ^ 祝穆 『方輿勝覧』巻3・鎮江府・古跡・夢渓。
  2. ^ 胡(1987) 前23
  3. ^ 胡(1987) 前24
  4. ^ 胡(1987) 前15
  5. ^ 胡(1987) 附録二
  6. ^ 胡(1987) pp.579-584
  7. ^ 胡(1987) 前20-21
  8. ^ 『古迂陈氏家藏梦溪笔谈二十六卷』 文明的守望http://www.nlc.cn/newzqwqhg/wmsw/html/01_03_23.htm 
  9. ^ 胡(1987) 附録一「夢渓筆談校証五十年」による

参考文献[編集]

  • 胡道静 『夢溪筆談校證』 上海古籍出版社、1987年(2冊)

関連項目[編集]