モンゴル自由連盟党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モンゴル自由連盟党
Монголын эрх чөлөө холбооны нам
設立年 2006年
目的 モンゴル人に対する中国政府の抑圧・弾圧を止めさせること。
本部 日本の旗 日本 大阪市(詳細は非公表)
公用語 日本語モンゴル語英語
重要人物 オルホノド・ダイチン(代表)
関連組織 日本ウイグル協会内モンゴル人民党頑張れ日本!全国行動委員会
ウェブサイト モンゴル自由連盟党公式サイト
南モンゴル

モンゴル自由連盟党(モンゴルじゆうれんめいとう、モンゴル語: Монголын эрх чөлөө холбооны нам英語: Mongolian Liberal Union Party)は日本大阪府で結成されたモンゴル人の組織[1]。代表はオルホノド・ダイチン[2]

概要[編集]

2006年12月中国共産党支配地域の全権独立を主旨として日本大阪府モンゴル人によって設立される[1]。他のモンゴル人の団体組織と異なり、「内モンゴル」の名称を団体名にあえて付さないこととしている[1]。モンゴル自由連盟党によると「内モンゴル」とは中国政府がつけた名称であることや、弾圧されているモンゴル民族は内モンゴル自治区以外の地域にも大勢いることを理由としている[1]

主な活動[編集]

オルホノド・ダイチン幹事長(「拉致被害者奪還!」の垂幕下に着席の人物)が演説を行った「自由と人権アジア連帯集会」(2010年11月6日日比谷公園[3]

チベット東トルキスタンなどの中国共産党によってモンゴル人同様に弾圧されている民族による抗議デモ活動などに合流して積極的な活動を行っている[1]在日中国大使館へ向けて内モンゴル人民党ウイグル人チベット人日本人とともに南モンゴル・ウイグル・チベットの解放や人権問題を抗議するデモを行い抗議書を届けるなど中国共産党へ直接抗議活動を行っている[4][5]

2008年4月26日、北京オリンピックの聖火リレー長野市に来た際にはチベット ・ウイグル支援者らと共に中国に対して抗議活動を行なった。

2010年11月6日、尖閣諸島抗議デモの一環としておこなわれた「自由と人権アジア連帯集会」では、オルホノド・ダイチン幹事長が登壇して演説を行い、デモ参加者と共に中国政府に対する抗議を行った[3]

また、ヨーロッパにも支部が設立され、内モンゴル人民党やヨーロッパ人とともに中国共産党による弾圧に対する抗議デモ活動を行っている[1]

モンゴル自由連盟党の活動には日本人からも支援が行われており、高田純などが共闘している[6]

2011年1月8日、中国政府によって連れ去られた南モンゴル民主連盟代表のハダを解放するよう世界同時抗議活動を行い、日本では日本人やウイグル人とともに中国大使館に抗議活動を行った[7]。この日以外にも中国大使館に対して抗議を行ったことがある[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]