メルシーアトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メルシーアトラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年4月4日
死没 1991年3月31日
サウスアトランティック
マミーブルー
生国 日本北海道三石町
生産 三石ファーム
馬主 永井康郎
調教師 小野幸治栗東
競走成績
生涯成績 11戦5勝
獲得賞金 1億4009万1400円
テンプレートを表示

メルシーアトラ1987年4月4日-1991年3月31日)は日本競走馬。その高い潜在能力から「関西の秘密兵器」と呼ばれたが、1991年の大阪杯のレース中に骨折、安楽死の処置がとられた。母は京成杯3歳ステークスを勝ったマミーブルー、弟にアーリントンカップ毎日杯を勝ったメルシーステージがいる。

戦績[編集]

4歳[編集]

メルシーアトラは北海道三石町の三石ファームで生まれた。若駒の頃から大器と目されていたが体質が弱く、競走馬としてのデビューは4歳になってからだった。

デビュー戦こそ2着に敗れたものの、その後は2戦目の新馬戦、3戦目の500万下条件戦(2戦目と3戦目はダート戦だった)、オープン特別の若草ステークスまで3連勝を飾り、当時東高西低だった競馬界の勢力図を反映してか「関西の秘密兵器」と呼ばれ、日本ダービーに出走した。日本ダービーでは5番人気に推されたが、直線で伸びきれずアイネスフウジンの11着に終わった。

ダービー後、メルシーアトラは中日スポーツ賞4歳ステークスで4着になると、函館でのダートのオープン特別シーサイドステークスに勝利し、秋を迎えた。

秋は京都新聞杯から復帰。このレースで3着となり菊花賞の優先出走権を獲得したメルシーアトラは、本番の菊花賞では後方から鋭く追い込んで4着と健闘した。夏場に休養しなかった事を考慮され、菊花賞がこの年の最後のレースとなった。

5歳[編集]

5歳になったメルシーアトラの春初戦は日経新春杯だった。このレースでメルシーアトラはミスターシクレノンに1馬身半差をつけて重賞を初制覇し、いよいよ本格化かと期待された。

そして、産経大阪杯では同期のホワイトストーンに次ぐ2番人気に推された。しかし、レース中に4コーナー付近で左前脚の中手骨を開放骨折し競走中止。予後不良と診断され、安楽死の処置がとられた。

血統表[編集]

メルシーアトラ血統ミルリーフ系 / Nasrullah (4×5)×(4×4) = 21.875%、Nearco (5×6)×(5×5×5) = 14.0625%、Princequillo 4×5(父系) = 9.375%) (血統表の出典)
父系

*サウスアトランティック
South Atlantic
1980 鹿毛
父の父
Mill Leaf
1968
Never Bend Nasrullah
Lalun
Milan Mill Princequillo
Virginia Water
父の母
Arkadia
1969
Ribot Tenerani
Romanella
Natashka Dedicate
Natasha

マミーブルー
1970 鹿毛
*ネヴァービート
Never Beat
1960 栃栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Glass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
母の母
*リーガルローブ
Regal Robe
1958 鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Brocade Borealis
Gold Lily
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]