メデーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メデーア
Medea
行政
イタリア国旗 イタリア
Friuli-Venezia Giulia-Flag.png フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
Blank.png ゴリツィア
CAP(郵便番号) 34070
市外局番 0481
ISTATコード 031011
識別コード F081
分離集落 Nessuna [1]
隣接コムーネ キオプリス=ヴィスコーネ (UD)、 コルモンスマリアーノ・デル・フリウーリロマンス・ディゾンツォサン・ヴィート・アル・トッレ (UD)
公式サイト リンク
人口
人口 976 [2](2012-01-01)
人口密度 133.7 人/km2
文化
住民の呼称 medeensi
守護聖人 ufficialmente è S. Maria Assuntaとma viene considerato come patrono S. Antonio da Padovaとvenerato già in epoca remota (ne è testimonianza la chiesetta sul colle).
祝祭日  
地理
座標 北緯45度55分0秒 東経13度25分0秒 / 北緯45.91667度 東経13.41667度 / 45.91667; 13.41667座標: 北緯45度55分0秒 東経13度25分0秒 / 北緯45.91667度 東経13.41667度 / 45.91667; 13.41667
標高 30 (25 - 131) [3] m
面積 7.30 [4] km2
メデーアの位置
メデーアの位置
ゴリツィア県におけるコムーネの位置
ゴリツィア県におけるコムーネの位置
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

メデーアイタリア語: Medea)は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県にある、人口約1000人の基礎自治体コムーネ)。

名称[編集]

標準イタリア語以外の言語では以下の名を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ゴリツィア県北西部に所在するコムーネである。メデーアの集落は、モンファルコーネの北西約14km、県都ゴリツィアの西南西約16km、ウーディネの南東約22kmに位置し、州都トリエステからは北西約40kmの距離にある。

コムーネは東西に長い領域を持つ。メデーアの本村はイウドリオ川の左岸(東岸)にあるが、西岸にもコムーネの領域が回廊状に伸びており、西端はトッレ川左岸(東岸)に達する。イウドリオ川の流路の一部は、メデーア本村の北西側でウーディネ県との県境となっており、川を隔てて約2kmの距離にキオブリス(キオプリス=ヴィスコーネ)の集落がある。また、この川はメデーア本村の南西側でロマンス・ディゾンツォとの境界ともなっている。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。UDはウーディネ県所属を示す。

地勢[編集]

地勢は平坦であるが、メデーア本村の北に丘陵(132m)がある。

コムーネの中央にはトッレ川の支流であるイウドリオ川 (it:Judrioが流れており、西端にトッレ川本流 (it:Torre (fiume)が流れる。

主要な集落[編集]

メデーアの本村はイウドリオ川の左岸(東岸)にある。

コムーネの東北部にフォルナチ・カルチェ(Fornaci Calce)の集落があり、ボルニャノ(コルモンスの一地区)とも近い。コムーネの東部、SS305沿いにはポンテ・スル・ヴェルサ(Ponte Sul Versa)の集落がある。

歴史[編集]

1928年にコルモンスに編入されたが、1955年にふたたび独立のコムーネとなった。

社会[編集]

人口[編集]

人口推移[編集]

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)は居住地区(Località abitata)別の人口として以下を掲げている[3]。統計は2001年時点。

地区名 標高 人口 備考
MEDEA 25/131 937
ATLETI AZZURRI D'ITALIA 34 16 コルモンスBorgnano 地区に連続
MEDEA * 30 877
PONTE SUL VERSA 35 9
Fornaci Calce 34 23
Case Sparse - 12
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

文化・観光・施設[編集]

オーストリア領時代のフリウリ農村の面影を残す村で、17~18世紀に富豪たちが建てた屋敷が残る。

丘の上にある「すべての戦争犠牲者のためのモニュメント」(Monumento ai Caduti di tutte le guerre)は、1950年に建築家 Mario Baciocchi によって制作されたものである。

交通[編集]

道路[編集]

国道
県道
  • SP6 :〔ボルニャノ〕 - メデーア - 〔ヴェルサ〕
  • SP7 : メデーア - 〔フラッタ〕
  • SP27 : 〔メデウッツァ〕 - メデーア西方

コムーネの東端をSS305が南北に走る。SP6は、北東のボルニャノ(コルモンス南部)でSS305と分かれ、メデーア本村を経て、南西のヴェルサ(ロマンス・ディゾンツォ西部)でSS252と合流する。このほか、メデーア本村を中心に、東南へSP7がフラッタ(ロマンス・ディゾンツォ北部)、北へSP27がメデウッツァ(サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネ南部)とを結んでいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]