メス=ル=コント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Metz-le-Comte
Metz-le-Comte 01.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
(département) ニエーヴル県Blason département fr Nièvre.svg
(arrondissement) クラムシー郡
小郡 (canton) クラムシー小郡
INSEEコード 58165
郵便番号 58190
市長任期 ジャン=クロード・ゴティエ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes La Fleur du Nivernais
人口動態
人口 164人
2014年
人口密度 11人/km2
地理
座標 北緯47度23分31秒 東経3度38分24秒 / 北緯47.3919444444度 東経3.64度 / 47.3919444444; 3.64座標: 北緯47度23分31秒 東経3度38分24秒 / 北緯47.3919444444度 東経3.64度 / 47.3919444444; 3.64
標高 最低:157 m
最高:314m
面積 14.37km2
Metz-le-Comteの位置(フランス内)
Metz-le-Comte
Metz-le-Comte
テンプレートを表示

メス=ル=コントMetz-le-Comte、ニヴェルネ語:Ma)は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏ニエーヴル県コミューン

地理[編集]

ノートルダム・ド・アソンプション教会

ヨンヌ川とその支流アルマンス川の間に位置する。メス=ル=コントとシャンパーニュ集落は、12世紀ロマネスク様式のノートルダム・ド・アソンプション教会がある通称モンターニュ(山)によって隔てられている。

歴史[編集]

中世初期からこの地は封土であった。880年に激しい戦いの末にブルグント公国がこの地を獲得した。要塞城のメール城は、ヌヴェール伯爵家発祥の地である。

1590年、リーグ派が町を攻略したが、ヌヴェール公ルイ・ド・ゴンザーグは町を取り戻し、城壁を解体させた。

フランス革命後の国民公会時代(1792年-1795年)、町はメス=ラ=モンターニュ(Metz-la-Montagne)と改名させられていた[1]

経済[編集]

農業中心であり、ウシの飼育とムロン種で作られるワインが有名である。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2014年
244 237 189 173 168 165 190 164

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]