ムスティエ=ヴァンタドゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Moustier-Ventadour
Blason ville fr Moustier-Ventadour (Corrèze).svg
Château de Ventadour.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) チュール郡
小郡 (canton) エグルトン小郡
INSEEコード 19145
郵便番号 19300
市長任期 ダニエル・ブイジュ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Ventadour
人口動態
人口 500人
2011年
人口密度 17人/km2
住民の呼称 Moustiérois/Moustiéraux
地理
座標 北緯45度23分46秒 東経2度06分20秒 / 北緯45.3961度 東経2.1056度 / 45.3961; 2.1056座標: 北緯45度23分46秒 東経2度06分20秒 / 北緯45.3961度 東経2.1056度 / 45.3961; 2.1056
標高 平均:m
最低:390m
最高:689m
面積 29.85km2 (2 985ha)
Moustier-Ventadourの位置(フランス内)
Moustier-Ventadour
Moustier-Ventadour
テンプレートを表示

ムスティエ=ヴァンタドゥールMoustier-Ventadour)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

ムスティエ=ヴァンタドゥールは中央高地の中にあり、エグルトンの南東に位置する。

歴史[編集]

ムスティエ=ヴァンタドゥールには、今もヴァンタドゥール城がたっている。この建物は11世紀終わりから1350年まで子爵のものであった。フィリップ6世の時代に単なる領主が治める地から伯爵領へ転換された。

16世紀、ヴァンタドゥール領は公領となり、フランス貴族である公爵が治めることとなった(1578年)。ムスティエ=ヴァンタドゥールには12世紀からクリュニー会の修道院があった。村の礼拝堂には、聖職者が聖務に行くため往来を可能にするドアが残っていた。修道院の建物は現在完全に失われている。

16世紀、城と村の領主となったのはロアン家であった。

フランス革命時代、国民公会のデクレにより、村はムスティエ=ラ=リュゼージュ(Moustier-la-Luzège)と改名させられていた。

経済[編集]

フイユ・デュ・リムーザン

ヤギの生乳から作られるチーズが数種類(ル・ヴァンタドゥール、ラ・トリュフ・ド・ヴァンタドゥール、ル・ビスカルー、ブリケット・ド・ヴァンタドゥール、ラ・トム・ド・ヴァンタドゥール、フイユ・デュ・リムーザン)、ムスティエ=ヴァンタドゥールの周辺で生産されている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
444 355 316 302 383 416 438 500

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

リュゼージュ川を見下ろす岩の上に12世紀に要塞城が建てられた。そこは100年以上、オック語文化創造の中心であった。子爵エブル2世はトルバドゥールの首領であったとみなされ、彼の弟子にはベルナール・ド・ヴァンタドゥールがいた。

百年戦争中に要塞城はイングランド軍によって攻略され、一部が破壊された。18世紀に城は打ち捨てられ、1969年まで廃墟のままであった。現在は再建作業中である。

脚注[編集]