ミヒャエル・フリッシェンシュラーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヒャエル・フリッシェンシュラーガー
生誕 (1935-10-31) 1935年10月31日(83歳)
出身地  オーストリア ザルツブルク
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ミヒャエル・フリッシェンシュラーガードイツ語: Michael Frischenschlager1935年10月31日 - )は、オーストリアザルツブルク出身のヴァイオリニスト室内楽奏者。ヴァイオリン教育者。ウィーン国立音楽大学名誉学長徳島文理大学音楽学部名誉博士

フリッツ・クライスラー国際コンクール会長、国際音楽コンクール世界連盟副会長、ヨーロッパ弦楽指導者協会オーストリア本部会長など歴任。

経歴[編集]

オーストリアザルツブルク生まれ。ザルツブルク、ケルンウィーンローマにてヴァイオリン、指揮法、音楽学を学ぶ。ヴァイオリンをテオドル・ミュラー、アンドレ・ジェルトレルフランツ・サモヒルユーディ・メニューインの各氏に師事。ウィーン・ゾリステンやウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの著名なオーケストラで活動した。

1971年ウィーン国立音楽大学教授に就任し、1984年、同大学弦楽器科学科長、1989年、同大学副学長を経て1992年から1996年まで同大学の学長を務める。教え子には小野明子、水上加奈子、マウロ・イウラート、マクシム・ブリリンスキーなどがいる。

1989年、フリッツ・クライスラー国際コンクール会長に就任。1990年にはインターナショナル・サマー・アカデミーを設立。2002年徳島文理大学音楽学部名誉博士に就任。

関連項目[編集]