ミニメトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ペルージャのミニメトロ
ペルージャのミニメトロ路線図

ミニメトロ: Minimetrò: MiniMetro)は、ポマ英語版ライトナー・グループによって構築される、ケーブル推進化されたAutomated People Mover (APM) システムの一種である。

車両は、レールまたはエアクッション上で動作しており、(ケーブルを)分離可能なグリップまたは固定グリップのどちらかを備えている。

ライトナーは、イタリア共和国ヴィピテーノに、車両のためのテストトラックを所有している。 当システムの現在の最大定員数は、1時間当たり約8,000人である。 「ミニメトロ」ブランドで導入されている最新のシステムは、2013年5月に開業したカイロ国際空港のピープル・ムーバーであった。

ペルージャ・ピープル・ムーバー[編集]

イタリア共和国のペルージャでは、都心の自動車による交通量を緩和するために、3.2km (2.0mi)の距離で7つのがあるAPMシステムが、2008年2月に開業した。 このシステムは、乗客定員25人および最高速度25km/h (16mph)であり、車両長5mで25両以上の車両から成っている。 次に続く列車までの運転間隔は、約1.5分である。 2013年では、このシステムは1日当たり1万人の乗客を輸送している[1]。 このシステムでは、2本目となる路線を計画している。

なお、イタリア共和国のボルツァーノおよびデンマークコペンハーゲンにおいて、同様のシステムが検討中である。

他のミニメトロ導入例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]