ミス・グランド・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミス・グランド・ジャパン
Miss Grand Japan
Licencedlogo.MGJlogo.png
ミス・グランド・ジャパン大会ロゴ
略称 MGJ
標語 STOP THE WAR&VIOLENCE / We Are Grand the One & Only
設立 2013年
設立者 吉井絵梨子(運営代表)
種類 ミス・コンテスト(ビューティーページェント)
目的 平和の使者を目指す女性の発掘・育成、女性の社会進出
本部 東京都
公用語 日本語、英語
会長 吉井絵梨子
主要機関 株式会社日本音楽総合研究所ミス・グランド・ジャパン事業部
関連組織 Miss Grand International
ウェブサイト missgrandjapan.com
テンプレートを表示

ミス・グランド・ジャパン(Miss Grand Japan、MGJ)は、世界最大級のミスコンテストミス・グランド・インターナショナルの日本代表を選ぶミス・コンテスト。またはその優勝者に授与される称号。「内面美を兼ね備えた美しく健康」な「強い意志」を持った女性を発掘・育成。美しさとともに、生涯を通して社会で活躍できる人材を育成することを目的の一つとしている。

2013年より開催。2022年度からは、株式会社日本音楽総合研究所ミス・グランド・ジャパン事業部が企画運営。

優勝者は日本を代表してミス・グランド・インターナショナル世界大会(Miss Grand International、秋に行われる)に出場する。2020年度ミス・グランド・ジャパン日本大会[1]は、新型コロナウィルスの影響もあり、マスクを着用し、無観客で開催。2021年度世界大会は、タイ・バンコクで開催された。2022年度世界大会は、インドネシアで開催予定。

概要[編集]

ミス・グランド・インターナショナルは、「Stop the War and Violence」をスローガンに2013年にタイでスタートした世界最大規模の国際ミスコンテスト。

2013年開始。2018年の世界大会には78ヶ国が参加。世界の平和の創造と戦争の防止を目的とする 。2021年度世界大会は、タイ・バンコクで開催。新型コロナウイルスの影響により、国際的なイベントの中止や延期が続く中、63の国と地域の代表が集い開催された。

大会期間中には紛争による難民のためのチャリティー活動、老人ホーム・小学校の訪問、募金活動などが実施されている。

歴代日本代表[編集]

出身 日本代表 年齢 身長 開催地 出場者数 世界大会肩書
応募者 ファイナリスト
2013 秋田県の旗 秋田県 吉井絵梨子[2] 23 173cm 非公開 参加者 — Miss Grand International 2013
2014 兵庫県の旗 兵庫県 竹内実絵子 21 173cm 非公開 Top 20 — Miss Grand International 2014
2015 埼玉県の旗 埼玉県 田中綾郁 25 170cm 東京都港区・八芳園[3] 83 20 Top 10 — Miss Grand International 2015
2016 愛知県の旗 愛知県 佐藤彩花 27 171cm 東京都渋谷区・文化服装学院[4] 534 20 参加者 — Miss Grand International 2016
2017 京都府の旗 京都府 辻絵里華[5] 27 170cm 東京都港区・白金高輪SELENE b2[6] 787 8 参加者 — Miss Grand International 2017
2018 埼玉県の旗 埼玉県 小田はるか 24 178cm 東京都渋谷区・WOMB[7] 1017 15 5位 — Miss Grand International 2018
2019 青森県の旗 青森県 湊谷亜斗林[8] 25 174cm 神奈川県横浜市関内ホール[8] 1672 32 Top 20 — Miss Grand International 2019
2020 新潟県の旗 新潟県 佐治瑠璃 25 172cm 東京都品川区 ザ・グランドホール 1832 36 Top 20 — Miss Grand International 2020
2021 東京都の旗 東京都 水野ちいか 24 177cm 非公開 非公開 36 参加者 — Miss Grand International 2021
2022 横須賀芸術劇場

歴代入賞者[編集]

1st Runner-Up (2位) 2nd Runner-Up (3位) 3rd Runner-Up (4位) 4th Runner-Up (5位) 参照
2015 愛知県の旗 愛知 - 兼子真央 千葉県の旗 千葉 - 冨田七々海 Top 5: 東京都の旗 東京 - 藤原冬姫  · 東京都の旗 東京 - 窪田麻佑
2016 沖縄県の旗 沖縄県 - 平良エレア 千葉県の旗 千葉 - 吉田りり
2017 福井県の旗 福井 - 勝元有紗 熊本県の旗 熊本 - 清田彩
2018 愛知県の旗 愛知 - 黒木莉恵 宮城県の旗 宮城 - 飛田叶美 Top 5: 秋田県の旗 秋田 - 高橋冬美  · 千葉県の旗 千葉 - 西川穂奈美
2019 神奈川県の旗 神奈川 - 板垣黛奈[8] 神奈川県の旗 神奈川 - 大森美穂[8] 栃木県の旗 栃木 - 関根穂之美[8] 大阪府の旗 大阪 - 谷口雛[8]
2020 富山県の旗 富山県 - 京谷果林 東京都の旗 東京 - 小熊まかは 埼玉県の旗 埼玉県 - 若林ありか 神奈川県の旗 神奈川 - 肥塚結莉
2021 兵庫県の旗 兵庫県 - 木下 璃香 東京都の旗 東京都 - 西森 由美子 神戸 - 佐野 ゆか 東京都の旗 東京都 - 桐生 文佳
2022 8月6日に決定
2023 募集中

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本初!マスクでミスコン『ミス・グランド・ジャパン 2020 日本大会 FINAL 結果速報!』”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年2月26日閲覧。
  2. ^ 初代日本代表の経験と知識を活かし、日本女性を世界へ発信”. GO-BEYONDER. 株式会社ビジョン. 2019年4月13日閲覧。
  3. ^ 「ミス・グランド・ジャパン」の日本大会ファイナル 田中綾郁が優勝”. Fashion-J. 有限会社ホームワークス. 2019年4月13日閲覧。
  4. ^ MISS GRAND JAPAN 2016にてメーキャップ技術協力!”. academy.shiseido.co.jp. 資生堂美容技術専門学校 (2016年9月29日). 2019年4月13日閲覧。
  5. ^ 金子正男 (2017年9月22日). “『ミス・グランド・ジャパン2017』日本代表は、辻 絵里華 お茶農家育ちのはんなりレディが受賞”. WWS PLUS. 2019年4月13日閲覧。
  6. ^ 辻絵里華 (2017年9月6日). “(no title)”. Instagram. 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ “ミス・グランド・ジャパンに身長178センチの24歳…コンプレックスだった高身長”. デイリースポーツ. (2018年7月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/30/0011496254.shtml?ph=1 2019年4月13日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “ミス・グランド・ジャパン、湊谷亜斗林さんグランプリ”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年7月17日). https://news.mynavi.jp/article/20190717-860925/ 2019年8月24日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]