吉井絵梨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしいえりこ
吉井絵梨子
Yoshiieriko.jpg
Erikoyoshii personal picture
プロフィール
愛称 代表
生年月日 1989年8月3日
現年齢 30歳
出身地 秋田県
公称サイズ(2014時点)
身長 / 体重 173 cm / 52 kg
BMI 17.4
スリーサイズ 89 - 56 - 90 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
備考 2013年、ミス・グランド・インターナショナル日本代表
他の活動 株式会社ペア代表取締役/一般社団法人ナショナルビューティーコンテスト協会代表理事/ミスター・ゲイ・ジャパンプロヂューサー
事務所 ミス・グランド・ジャパン
モデル: テンプレート - カテゴリ

吉井絵梨子(よしいえりこ、1989年8月3日 - )は、女性起業家。ミス・グランド・ジャパン運営事務局代表[1]。ミスター・ゲイ・ジャパンプロデューサー。

経歴[編集]

1989年8月3日、秋田県秋田市に生まれる。

秋田県立秋田北高等学校卒業。アメリカの大学で論理学と国際コミュニケーションを学ぶ[2]

2011年、 秋田モデルコンテスト 初代グランプリ。

2012年、ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリスト[3][4]。ミス・アジア・パシフィック・ワールド 日本代表[5]

2013年、ミス・グランド・インターナショナル 日本代表[6]

2014年、ミス・ワールド・ジャパン ファイナリスト[7]。ミス・インターコンチネンタル 日本代表[8]

2015年、ミス・グランド・ジャパン運営事務局を正式に立ち上げ、代表に就任。

2018年、ミスター・ゲイ・ジャパン運営事務局を正式に立ち上げ、プロデューサーに就任。

2019年現在、株式会社ペア代表取締役。この会社は各種ミスコン日本大会事務局のほか、通訳・翻訳などの業務も行う[9]。一般社団法人ナショナルビューティーコンテスト協会代表理事。また、全国のコミュニティーFMに番組配信しているミュージックバードにて「Radio Leader's」のパーソナリティを担当している[10]

人物[編集]

特技は書道、球技、竹笛。趣味はサラダ食べ歩き、ひとり旅、名探偵コナン鑑賞[11]

ネイティブレベルの英語と日常会話レベルの中国語を使いこなす[11]

その他[編集]

吉井がミス・グランド・ジャパンに選ばれた時、ミス・グランド・インターナショナルの国内組織は存在しなかった。そこで彼女は準備やトレーニングを全て一人で行った。また、他国と比べると応援も少なかったと述懐する[12]。その悔しさをバネに「違う形でもう一度世界へ挑戦したい」と、ミス・グランド・ジャパンの運営事務局を立ち上げた[12][13]

出典[編集]

  1. ^ 吉井 絵梨子(ヨシイエリコ)”. 日本タレント名鑑. VIP Times Inc. 2019年4月7日閲覧。
  2. ^ 代表・過去の実績”. ミスコン日本大会事務局. 株式会社Intergo. 2019年4月8日閲覧。
  3. ^ 吉井 絵梨子(Eriko Yoshii)”. 418.co.jp. (株)418インターナショナル. 2019年4月7日閲覧。
  4. ^ 近藤智美, 長嶺花菜, 田中美里et al(出演) (2012年12月20日) (日本語). 2012 Miss UNIVERSE JAPAN~DOCUMENTARY~夢・光り輝くステージへ、今羽ばたく (DVD). アイエス・フィールド.. ASIN B00AF0Q1SU. JAN 4948722481799 
  5. ^ Miss Asia Pacific World 2012”. pageantopolis.com. 2014年7月19日閲覧。
  6. ^ Miss Grand International 2013”. pageantopolis.com. 2019年4月7日閲覧。
  7. ^ ファイナリスト 吉井 絵梨子”. missworld.jp. 2019年4月7日閲覧。
  8. ^ Meet Eriko Yoshii, Miss Intercontinental Japan 2014”. missosology.org (2014年11月21日). 2019年4月7日閲覧。
  9. ^ 吉井 絵梨子 ERIKO YOSHII”. beaus.net. 株式会社ビューズ. 2019年4月7日閲覧。
  10. ^ MUSIC BIRD 番組一覧”. MUSIC BIRD. 2019年6月30日閲覧。
  11. ^ a b 吉井絵梨子”. gottlieb.co.jp. 株式会社GOTTLIEB. 2019年4月7日閲覧。
  12. ^ a b 初代日本代表の経験と知識を活かし、日本女性を世界へ発信”. GO-BEYONDER. 株式会社ビジョン. 2019年4月7日閲覧。
  13. ^ 日本のミスコンのあり方やサポート面の改革と、大会を通じて参加女性の夢の実現を応援したい”. Founder Beta. ファウンダー株式会社 (2018年10月22日). 2019年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]