ミスワカサ・島ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

ミスワカサ・島ひろし(みすわかさ・しまひろし)は、戦中から戦後期にかけて活躍した漫才師である。ひろしが大阪でボーイズで舞台に立っているときにワカサから一目惚れされコンビを結成。1941年、新芸演劇部の所属として、輝子・ひろしでデビュー。1951年宝塚新芸座入り。

1954年に「漫才学校」に出演を皮切りに「上方演芸会」などに出演し知名度を上げる。1974年1月の中席の角座がコンビとしての最後の舞台。

2007年第12回上方演芸の殿堂入り

メンバー[ソースを編集]

ミスワカサ(みすわかさ、1921年5月5日 - 1974年9月30日、本名:今岡鈴代)

京都府京都市出身。極度の近視だった。父は当時では珍しくハイカラでレコード店経営したり、蔵を潰してはダンス教室を開いていた。そんな縁で幼少から歌や演芸に興味を持っていた。一時中国の満州でダンサーをやっていたこともある。1941年に輝子として歌手デビューした、19歳で岡テル子の名で漫才に転向しミスワカナ・玉松一郎の目に留まり、半ば強制的に弟子とさせられた。端整な顔立ちと美貌で知られた。

島ひろし(しま ひろし、1912年10月28日 - 1989年4月30日、本名:三浦定四郎)

福島県会津出身。はじめ中野弘子劇団や節劇の一座に入る。後に島陽之助一座(島田洋之介・今喜多代の島田洋之介とは兄弟弟子)という、その一座で原章三郎を名乗り「歌う剣戟」を売りにしたが端役ばかりで芽が出ずそこも飛び出し、大阪で吉本興業の小さな劇団に入ったり、ボーイズで演奏出来もしないのにギターを演奏の真似で舞台にたったりなどしていた。ワカサに一目惚れされ漫才に転向しコンビを組んだ。晩年は関西演芸協会会長を務めた。

芸風と生涯[ソースを編集]

  • 師匠譲りの女性上位漫才であり、その話芸は立て板に水のごとくであったが、ワカサは私生活では物静かで礼儀正しかったという。ワカサの美声の歌、ひろしはネタの間に得意の剣戟(チャンバラ)や阪東妻三郎等の名優の物真似などを取り入れていた。
  • ワカサは若い頃から極度の近視で眼が悪くメガネを掛けていたが、後にコンタクトレンズを掛けた[1]
  • ワカサは記憶力も優れ幼少時に自宅にあった落語や流行歌のレコードは数度聴けば覚えられたという。小学校の頃雨で体育が中止になった際には教室でクラスの前で初代桂春団治の落語を披露し爆笑させたという。
  • ワカサは生来心臓に持病があって生涯独身を通し、1974年4月頃から急に体調を崩し京都の病院で妹の看病で静養する。一時回復に向かい舞台への思いを持っていたが、後に京都の家を売り払って静岡の病院に転居し治療に専念するも同年9月に亡くなった。
  • ひろしはいつもニコニコしながらワカサにやり込められる役回りであった。ワカサが世を去った後、ひろしは1975年1月よりジョウサンズのメンバーだった島キクコとコンビを組み神戸松竹座で再出発、1978年3月よりミスウララ(後の高美うらら)、同年10月からは木村栄子などの女流漫才師と組んで1989年に亡くなるまで角座の舞台などで漫才を続けたが、「嫁はんよりも長い付き合い」のワカサ以外のコンビはやはり精彩を欠くものであった。
  • 人気を得たものの関西の主要な賞を獲る事はなかった。

音源[ソースを編集]

  • 上方漫才黄金時代(実況録音)7 「ワカサの先代萩」 コロムビア 1996年2月21日
  • 上方漫才全集 「ワカサの先代萩」 コロムビア 1999年1月21日
  • お笑い百貨事典 6 昭和26年~33年 民放ラジオ局開局にのって 「あるようでないもの」 キングレコード 2000年2月4日
  • 澤田隆治が選んだ 爆笑!漫才傑作集(5) 「さてその次は」 コロムビア 2004年12月22日

弟子[ソースを編集]

他多数

[ソースを編集]

  1. ^ 尚漫才師で最初にコンタクトを使用した人物だといわれる。