コンテンツにスキップ

ミステリー・トレイン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「ミステリー・トレイン」
リトル・ジュニアズ・ブルー・フレイムズシングル
B面 ラヴ・マイ・ベイビー
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル
  • ブルース
  • エレクトリック・ブルース
  • メンフィス・ブルース[2]
時間
レーベル サン・レコード (192)
作詞・作曲 ジュニア・パーカー
プロデュース サム・フィリップス
リトル・ジュニアズ・ブルー・フレイムズ シングル 年表
Mystery Train (1953年)
ミュージックビデオ
"Mystery Train" - YouTube
テンプレートを表示

ミステリー・トレインMystery Train)は、米国のブルース・ミュージシャン、ジュニア・パーカーが作曲し、1953年にレコーディングした楽曲。オリジナル・バージョンはメンフィス・ブルースあるいはリズム・アンド・ブルースのスタイルで演奏されており、より古い楽曲にインスピレーションを受けているが、最初にエルヴィス・プレスリーによってカバーされ、彼に続いて多くのカバーが生まれており、ポピュラーなロカビリーの楽曲として知られるようになった[3]

楽曲とレコーディング[編集]

音楽歴史家のコリン・エスコットは以下の通り述べている。「『ミステリー・トレイン』に関するミステリーのひとつは、この題名の由来である。というのも、歌詞の中には題名はどこにも登場しないのだ[4]」。この曲はアメリカのフォーク・ミュージックのグループ、カーター・ファミリーの「Worried Man Blues」と似通った歌詞が登場する。同曲は古いケルティックのバラードが元となっており[3]、彼らの1930年に一番売れたレコードとなっている[5]

16両編成の列車が到着した
16両編成の列車が到着した
私の愛した女性はあの列車に乗って行ってしまった

一方、パーカーの歌には以下の歌詞がある:

私の乗る列車は16両編成
私の乗る列車は16両編成
あー、あの長くて黒い列車が私のベイビーを連れて帰るんだ

ジュニア・パーカーは、リトル・ジュニアズ・ブルー・フレイムズ名義で、サン・レコードのプロデューサー兼社主のサム・フィリップスのために「ミステリー・トレイン」をレコーディングした[6]。レコーディング・セッションは、フィリップスの所有するテネシー州メンフィスのメンフィス・レコーディング・サーヴィスにて1953年の9月から10月の間に行なわれた。パーカーのヴォーカルのバックを務めたのは彼のバンド、ブルー・フレイムズで、参加したと思われる当時のメンバーはフロイド・マーフィー(ギター)[7]、ウィリアム・ジョンソン(ピアノ)、ケネス・バンクス(ベース)、ジョン・バウアーズ(ドラムス)、そしてレイモンド・ヒル(テナー・サックス)といった面々である[4]

「ミステリー・トレイン」は1953年にR&Bチャート5位のヒットとなった「フィーリン・グッド (Sun 187)」に続くジュニア・パーカーのシングルだったが、この曲はシングル・チャート入りすることはなかった。

1973年ザ・バンドロビー・ロバートソンは、サム・フィリップスの承認を得たうえで「ミステリー・トレイン」に追加の歌詞を書き、彼らはそのバージョンをアルバム『ムーンドッグ・マチネー』のためにレコーディングしている。彼らはその後、1976年のフェアウェル・コンサート『ラスト・ワルツ』にてポール・バターフィールドとこの曲を演奏している[8]

エルヴィス・プレスリーのバージョン[編集]

「ミステリー・トレイン」
エルヴィス・プレスリーシングル
A面 アイ・フォーガット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォーゲット
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル ロカビリー
時間
レーベル サン・レコード (223)
作詞・作曲
プロデュース サム・フィリップス
エルヴィス・プレスリー シングル 年表
  • I'm Left, You're Right, She's Gone
  • (1955年)
Mystery Train (1955年)
ミュージックビデオ
"Mystery Train" - YouTube
テンプレートを表示

エルヴィス・プレスリーによる「ミステリー・トレイン」は、「アイ・フォーガット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォーゲット」のB面として1955年8月20日にリリースとなった(Sun 223)。2003年ローリング・ストーン誌オールタイム・グレイテスト・ソング500において、この曲を77位にランク付けした[10]。サム・フィリップスはパーカーのレコーディングに続いて、ここでもレコーディングのプロデュースを行なった。プレスリーがヴォーカルとリズム・ギター、スコティ・ムーアがリード・ギター、ビル・ブラックがベースを務めた。ムーアはカントリー調のリードのブレイク、それにフィンガー・ピッキングにスラップバック・エコーを効かせている[11]。ムーアはまた、ジュニア・パーカーの「Love My Baby」(1953年)でパット・ヘアが弾いたギター・リフ[12]、マール・トラヴィスの「16トン (Sixteen Tons)」など、既存曲の要素を散りばめている[13][14]

「アイ・フォーガット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォーゲット」とあわせ、このシングルはビルボードのカントリー&ウェスタン・チャートのトップ10に食い込んだ[15]

RCAビクターは、プレスリーとの契約締結によってこのレコーディングの権利を得た後の1955年11月に再リリースしている(#47-6357)。そのリリースでは、この曲は全米ビルボードカントリー・チャートの11位を記録した。同月にRCAビクターはザ・タートルズ(1960年代のポップ・グループ、タートルズとは別バンド)によるこの曲のポップス・バージョンをリリースしている(#47-6356)。ここではヒューゴ・ウィンターホルターと彼のオーケストラがバックを付けている。

「ミステリー・トレイン」は、今や「不朽の名曲」と評価されている[16]。この曲は、エルヴィス・プレスリーが全米規模のカントリー・ミュージックのスターの座に押し上げた最初の曲である[17]

脚注[編集]

  1. ^ 45cat - Little Junior's Blue Flames - Mystery Train / Love My Baby - Sun - USA - 192
  2. ^ Bill Dahl. “Junior Parker | Biography & History”. AllMusic. 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ a b Herzhaft, Gerard (1992). "Mystery Train". Encyclopedia of the Blues. アーカンソー州フェイエットヴィル: アーカンソー大学出版局. p. 463. ISBN 1-55728-252-8
  4. ^ a b Escott, Colin (1990). Mystery Train (Album notes). Junior Parker, James Cotton, Pat Hare. Cambridge, Massachusetts: Rounder Records. pp. 1–2. CD SS 38。
  5. ^ American Experience | The Carter Family: Will the Circle Be Unbroken”. Pbs.org. 2010年11月29日閲覧。
  6. ^ Robert Palmer (1981). Deep Blues. Penguin Books. p. 237. ISBN 978-0-14-006223-6. https://archive.org/details/deepblues00palm/page/237 
  7. ^ フロイド・マーフィーはマット・"ギター"・マーフィーの弟である
  8. ^ 『ムーンドッグ・マチネー』 (1973年)ライナー・ノーツ
  9. ^ Burke, Ken and Dan Griffin. The Blue Moon Boys - The Story of Elvis Presley's Band. Chicago Review Press, 2006. pg. 48. ISBN 1-55652-614-8
  10. ^ Search Articles, Artists, Reviews, Videos, Music and Movies”. Rolling Stone. 2007年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月29日閲覧。
  11. ^ Blue Moon Boys, p. 48
  12. ^ PARKER, Little Junior : MusicWeb Encyclopaedia of Popular Music”. 2006年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月3日閲覧。
  13. ^ Gillett, Charlie (1984). The Sound of the City: The Rise of Rock and Roll (Rev. ed.). New York City: Pantheon Books. ISBN 0-394-72638-3. https://archive.org/details/soundofcityriseo00gillett 2012年7月6日閲覧. "特に「ラヴ・マイ・ベイビー」はパット・ヘアの激しいギター・プレイがフィーチャーされており、各所で語られることとなるロカビリー・スタイルに影響を与えている。" 
  14. ^ Tosches, Nick. Country - the Twisted Roots of Rock 'n' Roll. DeCapo Press, 1985. pg 54. ISBN 0-306-80713-0
  15. ^ Billboard, December 17, 1955. Reviews of New Pop Records. pp. 56および61.
  16. ^ Burke, Ken and Griffin, Dan. The Blue Moon Boys - The Story of Elvis Presley's Band. Chicago Review Press, 2006, p.46. ISBN 1-55652-614-8
  17. ^ Collins, Ace (1996). The Stories Behind Country Music's All-time Greatest: 100 Songs. New York: The Berkeley Publishing Group. pp. 94–96. ISBN 1-57297-072-3 

外部リンク[編集]