マーシャルチャンピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーシャルチャンピオン
ジャンル 2D対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード (AC)
開発元 コナミ
発売元 コナミ
プロデューサー KANON PACHELBEL
ディレクター HEINE KEN
音楽 仲野順也
すぎさわけいじ
美術 HEINE KEN
赤坂嘉紀
SURUGANOKAMI MADAOW
ひじまみさと
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
(18.13メガバイト
稼働時期 日本 199302101993年2月10日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 Mystic Warriors-based hardware
CPU MC68000 (@ 16 MHz)
サウンド Z80 (@ 8 MHz)
K054539 (@ 48 kHz)×2
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
384×224ピクセル
60.00Hz
パレット2048色
テンプレートを表示

マーシャルチャンピオン』 (MARTIAL CHAMPION) は、1993年2月10日に日本のコナミから稼働されたアーケード2D対戦型格闘ゲーム

10名の中から1名の主人公を選択し、謎の男によって開催されている「世界格闘トーナメント」を勝ち抜きチャンピオンベルトを入手する事を目的としている。攻撃システムとして上下段の他に中段が存在する事や、トーナメント方式を取り入れており決勝までの5名に勝利する事でエンディングとなる仕様を特徴としている。

開発はコナミが行い、音楽は『アステリクス』(1992年)や『ヘクシオン』(1992年)を手掛けた仲野順也が担当している。

同年12月17日にはPCエンジンSUPER CD-ROM2ゲームソフトとしても発売された。また、PCエンジン版は2008年5月13日Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

概要[編集]

コナミのアーケード対戦格闘としては『イー・アル・カンフー』(1985年)および『ギャラクティックウォーリアーズ』(1985年)以来約8年振りの作品となったが、当時流行した『ストリートファイターII』(1991年)の類似作品の一つとして埋もれてしまったこと、各キャラクター必殺技が2つしか用意されておらず、ゲームとしての駆け引きの面白みに欠けたことなどから出回りが悪く、非常にマイナーなゲームと化してしまった[1]。このゲーム以降、コナミは『ドラグーンマイト』(1995年)や『FIGHTING武術』(1997年)など何作か対戦格闘ゲームをリリースするもののヒット作には恵まれず、『バトルトライスト』(1998年)以降対戦格闘ゲームはリリースしていない。

ゲーム内容[編集]

8方向レバーと3ボタンを使う。3ボタンは強・中・弱ではなく上段・中段・下段攻撃に割り当てられており、レバーとの組み合わせで技を繰り出す。

プレイヤーは10人のキャラクターのうち1人を選ぶ。選んだキャラクターは8人が参加するトーナメント表の一番左に配置され、一回戦、準決勝、決勝と勝ち抜いていくが、準決勝と決勝で一人ずつ乱入者がいるため、トーナメント優勝まで5人と対戦することになる。

優勝決定後、トーナメントの前回優勝者であり主催者でもあるサラマンダーと対決し、勝利するとエンディングが見られる。

キャラクター11人のうち5人は武器を持っており、相手の武器を落として自分の物にすることにすることができる。ただし武器を持っている状態で相手の武器を拾うことはできない。武器を持っていないキャラクターが武器を拾うとリーチが広がるなどの特典があるが、相手キャラクターの技を使うことはできない。

ストーリー[編集]

謎の男によって催される「負けたら終わり」の世界格闘トーナメント。世界各地で行われる試合を勝ち抜いてチャンピオンベルトを手にするのはいったい誰なのか? そして優勝者を待ち受ける謎の男とは?

登場キャラクター[編集]

キャラクター名の後の括弧内は(英字表記/出身国/武器)の順序で表記。

陣(Jin/日本/なし)
曲がったことが大嫌いな熱血漢。自称硬派なので彼女はいない。空手少林寺拳法などありとあらゆる格闘技をマスターするため今大会の参加者でもあるホイに弟子入りしている。
レイチェル(Racheal/アメリカ/なし)
幼い頃から「アメリカ風忍者」の修行をつむ「アメリカンくノ一」。より強い相手を求めて修行を抜け出し、追われる身ながらも大会に参加している。
ホイ(Hoi/中国/なし)
中国は桂林に住む武術の達人。実は齢100歳を超える仙人。無類の焼酎好きで、大量に買い込んだ焼酎の代金のために大会にエントリーした。
ティティ(Titi/エジプト/なし)
プロレスラーを父に持つ17歳の女の子。今大会に参加するはずだった父親の代わりに参加する。とにかく宝石が大好きで優勝賞金で宝石を買うのが夢らしい。
ボビー(Bobby/アメリカ/なし[2]
傭兵部隊出身でいつもメリケンサックを手放さない喧嘩好きの男。金のためなら何でもするダーティーな性格。
ゴルドー(Goldor/フランス/三節棍
礼儀正しく紳士的で、小鳥を愛する優しい心をもつ格闘家。百戦錬磨の合気道の達人でもある。
ケイオス(Chaos/香港/鉄爪
長い爪を武器に戦う謎に包まれたキョンシー風の男。
アヴゥ(Avu/サウジアラビア/半月刀
一夫多妻制であるため5〜6人の妻とたくさんの子供をもつ。切れ味鋭い半月刀と口から吐き出す炎で戦う。家族を養うために大会に参加する。
マハンバ(Mahambah/ケニア/
アフリカのとある部族の若き戦士。密猟者と戦っている毎日を過ごしていたが、自慢の槍を携えて自らの部族の強さを証明するために大会に参加する。
禅(Zen/日本/ハリセン
自ら「歌舞伎は格闘技だ!」と主張し、巨大なハリセンと自ら編み出した華麗な技で大会に参加している歌舞伎役者風の男。

ボス[編集]

サラマンダー(Salamander/不明/なし)
かつてはホイの一番弟子だったが、強くなるにつれて悪に目覚めたためホイが破門した。しかし格闘の才能はものすごく、ついには大会そのものをのっとってしまった。通常技を持たず、出す技は全て各キャラクターの必殺技である。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 マーシャルチャンピオン 日本 199312171993年12月17日
PCエンジンSUPER CD-ROM² コナミ コナミ CD-ROM KMCD-3006
2 マーシャルチャンピオン 日本 2008年5月13日[3]
Wii KDE KDE ダウンロード
バーチャルコンソール
- PCエンジン版の移植
PCエンジン版
  • 唯一の家庭用移植となったが、ハードの制約からキャラクターが業務用より小さくなり、背景や画面演出も簡素化されたが、体力が減ると使用可能になる隠し技(いわゆる超必殺技)が追加されている[1]
  • 2008年5月13日より、Wiiバーチャルコンソール用で配信されている。

音楽[編集]

PCエンジン版[編集]

主題歌
オープニングテーマ
「CHANCE」
  • 歌:GONNA
  • 作詞:JEF三浦 、NEXUS村井
  • 作曲:NEXUS村井
  • 編曲:庄健治
エンディングテーマ
「幾千年超えて」
  • 歌:GONNA
  • 作詞:三宅祝子
  • 作・編曲:アキレス・ダミゴス

スタッフ[編集]

アーケード版
  • エグゼクティブ・プロデュース:コナミ
  • プランニング・プロデュース:POYOYON PRODUCTION
  • ディレクト:HEINE KEN
  • プロデュース:KANON PACHELBEL
  • キャラクター・デザイン:HEINE KEN、TETSUYA AKE(赤坂嘉紀)、SURUGANOKAMI MADAOW、Hi・Z(ひじまみさと)
  • プロダクション・デザイン:MAGURO(はなのちよこ)
  • サウンド・デザイン:KINGORO(小倉努)
  • ミュージック・デザイン:NAKANOTTI(仲野順也)、DEEP SLEEP SUGISAWA(すぎさわけいじ)
  • システム・デザイン:SHOOT-VRF
  • スペシャル・プログラム:KODAMAN
  • タイトル・デザイン:花谷浩
  • スペシャル・スタッフ:TAROUMARU、RIKAMARO、泉陸奥彦、EGA、DR.FEEL.GOOD X、MOOCHO.C
  • スペシャル・サンクス:TEAM PIGS、いのうえみき、とちたにちえ
PCエンジン版
  • ディレクター:YAMAGATA CHAOH(小玉紀年)
  • キャラクター・デザイン:YAMAGATA CHAOH(小玉紀年)、POP THE TOP WADA(わだとしふみ)、KYOMAS ROBOT(京増寛)、SAMUKAWA 4649
  • プログラマー:ZAP HIGASHI(ひがしとしふみ)、VIVID-SUN(三浦賢二)、TEACHER YAMAZAKI、"AXELAY" UEDA(上田英生)、PONCE YAMAMOTO(やまもとこうじ)、JEF TOZAMA、NIGEL MANTARO
  • サウンド・デザイン:METAL YUHKI(斎藤幹雄)、KIYOSHI-μ(村井聖夜
  • プロデューサー:山田善朗
  • スペシャル・サンクス:POYOYON PRODUCTION、GOLTHGAS、POCE(やまもとこうじ)
  • サウンド:MURAMURA6(村井聖夜)
  • エグゼクティブ・プロデュース:山田善朗

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame2.5/5stars (AC)[4]
ファミ通19/40点 (PCE)[5]
月刊PCエンジン66/100点 (PCE)
電撃PCエンジン57.5/100点 (PCE)
PC Engine FAN19.8/30点 (PCE)[6]
PCエンジン完全ガイド肯定的 (PCE)[1]
受賞
媒体受賞
第7回ゲーメスト大賞年間ヒットゲーム29位[7]
アーケード版
  • 画面に表示されるキャラクターの大きさは他の業務用対戦格闘ゲームと比べると当時としてはかなり大きく、ダイナミックに動き回る様はプレイヤーの注目を集めた。
  • 本作のキャラクターの中ではレイチェルの人気がずば抜けて高く、かつて「ゲーメスト」の増刊号の中で特集が組まれたこともあり、後に至るまで個人作り手によるフィギュアなどが発売されている。
  • 一部の海外版ではティティとケイオスの名前が入れ替わっている。
PCエンジン版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では5・4・5・5の合計19点(満40点)[5]、『月刊PCエンジン』では60・75・70・60・65の平均66点(満100点)、『電撃PCエンジン』では50・60・65・55の平均57.5点(満100点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.8点(満30点)となっている[6]。1998年に刊行されたゲーム誌『超絶 大技林 '98年春版』(徳間書店)では、攻撃システムが上中下段ある事やステージモードのトーナメント制などに関して「一般の格闘ゲームにはない斬新なシステムが特徴」と肯定的に評価した[6]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.8 3.7 3.0 3.0 3.3 2.9 19.8
  • ゲーム本『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』では、アーケード版よりもキャラクターサイズが小さくなった事や背景や効果が簡略化されている事を指摘したが、隠し技の追加などを肯定的に評価した上で、「地味だが、意外と遊べる」と総括した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「PCエンジンソフト完全カタログ 1993年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、176頁。ISBN 9784866362670
  2. ^ メリケンサックは武器の一つであるが相手の攻撃で落とされることがないため、ここでは便宜上武器「なし」とした。
  3. ^ 土本学 (2008年5月11日). “「バーチャルコンソール」5月13日配信開始タイトル” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年2月23日閲覧。
  4. ^ Martial Champion for Arcade (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年2月23日閲覧。
  5. ^ a b マーシャルチャンピオン まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年12月31日閲覧。
  6. ^ a b c 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 653頁、 ASIN B00J16900U
  7. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 12 - 13頁、 ISBN 9784881994290

外部リンク[編集]