マーク・ハメット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーク・ハメット Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 1972年7月13日
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
身長 1.85 m (6 ft 1 in)
体重 107 kg (16 st 12 lb)
学校 セントトーマス・オブ・カンタベリー・カレッジ英語版
配偶者 タシュ・ハメット
子供 2人(娘)
愛称 ハマー
選手情報
ポジション フッカー
アマチュア
チーム
Marist Albion
州代表
チーム 出場 得点
1992–2003 カンタベリー 76 (45)
スーパーラグビー
チーム 出場 得点
1996–2003 クルセイダーズ 81 (35)
国代表
チーム 出場 得点
1999–2003  ニュージーランド 29 (15)
コーチ歴
2006-10
2006
2011-14
2014-15
2016
2017-
クルセイダーズ
カンタベリ州代表英語版
ハリケーンズ
カーディフ・ブルーズ英語版
サンウルブズ
ハイランダーズアシスタントコーチ
更新日 2017年2月3日
■テンプレート

マーク 'ハマー' ハメット英語: Mark Garry 'Hammer' Hammett, 1972年7月13日 - )はニュージーランドクライストチャーチ出身のラグビーユニオン指導者、元選手である。現役時代はカンタベリー英語版のフッカーとして1992年から2002年までプレーした。また、スーパーラグビークルセイダーズ設立時からのメンバーでもある。クルセイダーズで2003年までプレーし続け、計4回のタイトル獲得を達成した。また、ラグビーニュージーランド代表のメンバーとして1999年2003年のワールドカップに参戦した。

選手引退後は、2006年にカンタベリー州代表とクルセイダーズでコーチとしてのキャリアをスタートさせた。2011年から2014年までの間はハリケーンズのヘッドコーチ、2015年にはウェールズに渡りカーディフ・ブルーズ英語版で「ディレクター・オブ・ラグビー」を務めた。2016年はサンウルブズの初代ヘッドコーチを勤め、現在はハイランダーズのアシスタントコーチ。

選手経歴[編集]

初めての代表選出は、セントトーマス・オブ・カンタベリー・カレッジ英語版在学時の1987年にU17ニュージーランド代表のフッカーに選ばれたことである[1]1991年、その後U19ニュージーランド代表にて主将を務め、翌年にはカンタベリー州代表に選出された。カンタベリー州代表選出当初はマット・セクストン英語版のバックアッパーとしての扱いであったが、1995年にはセクストンより多くの出場機会を得るようになった[1]

1995年のラグビープロ化を経て1996年にクルセイダーズが設立されると、ハメットは設立メンバーとなった[2][3]

ニュージーランド代表として二度のワールドカップに出場し、29キャップを獲得。カンタベリー州代表として76キャップ、クルセイダーズでは81キャップを獲得。

2000年11月3日には秩父宮で行われたオールブラックス対パシフィック・バーバリアンズの試合に来日し、オールブラックスのフッカーとして出場している。バーバリアンズのNo.8は現・日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフであり、奇しくも日本代表ヘッドコーチとサンウルブズの初代ヘッドコーチが16年前に日本で対戦していたという不思議な縁で結ばれている。

コーチ経歴[編集]

選手としてクルセイダーズを引退してから2年後、クルセイダーズのコーチングアドバイザーを務め、2006年にはカンタベリー州代表でも同じ役割を果たした[4] 。2007年から2010年にかけてはロビー・ディーンズの下でクルセイダーズのアシスタントコーチを務めた[2] 。2011年からはハリケーンズのヘッドコーチに任命され2014シーズンまで役割を務めた[5]

2014年5月12日にカーディフ・ブルーズ英語版で「ディレクター・オブ・ラグビー」に指名された[6] 。2015年2月、カーディフ・ブルーズはハメットが家庭の事情によりニュージーランドへ帰国することに同意した[7] 2016年からはタスマンマコス英語版 のアシスタントコーチに就任する予定であると報道される[8]

2015年12月21日、日本ラグビーフットボール協会が編成するスーパーラグビーチーム、サンウルブズのヘッドコーチに就任[9]、また、同年上半期のラグビー日本代表ヘッドコーチ代行も兼任した[10]。しかし、2016年シーズン終了をもって退任し、2017年からはハイランダーズのアシスタントコーチに就任。

脚注[編集]

  1. ^ a b Mark Hammett - AllBlacks.com
  2. ^ a b Mark Hammett – Assistant Coach”. crfu.co.nz. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月26日閲覧。
  3. ^ Super 14 Tables”. lassen.co.nz. 2007年1月26日閲覧。
  4. ^ “Super 14 assistants named”. tvnz.co.nz. (2006年9月22日). http://tvnz.co.nz/view/page/834448 2007年1月26日閲覧。 
  5. ^ “Hammett admits mistakes”. Dominion Post. http://www.stuff.co.nz/dominion-post/sport/5164215/Hammett-admits-mistakes 
  6. ^ “Mark Hammett named Cardiff Blues director of rugby”. BBC Sport Online. (2014年5月18日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/rugby-union/27464952 
  7. ^ “Cardiff Blues: Mark Hammett leaves as director of rugby”. BBC Sport Online. (2015年2月25日). http://www.bbc.co.uk/sport/rugby-union/31583516 
  8. ^ Martin, Wayne (2015年8月28日). “Ex-All Black Mark Hammett signs as Tasman Makos' new assistant coach”. Stuff.co.nz. オリジナル2015年11月8日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/query?url=http%3A%2F%2Fwww.stuff.co.nz%2Fsport%2Frugby%2Fprovincial%2F71390153%2Fexall-black-mark-hammett-signs-as-tasman-makos-new-assistant-coach.html&date=2015-11-08 
  9. ^ “Former All Black Mark Hammett confirmed as Japanese Sunwolves coach”. Stuff.co.nz. http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/75339593/former-all-black-mark-hammett-confirmed-as-japanese-sunwolves-coach 
  10. ^ 次期ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフが同年9月より就任の契約であり、それまでヘッドコーチが不在の状況であったため

バイオグラフィ[編集]

  • Gifford, Phil (2004). The Passion – The Stories Behind 125 years of Canterbury Rugby. Wilson Scott Publishing. ISBN 0-9582535-1-X. 
  • McIlraith, Matt (2005). Ten Years of Super 12. Hodder Moa. ISBN 1-86971-025-8.