ジャスティン・マーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャスティン・マーシャルJustin Warren Marshall, MNZM, 1973年8月5日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはスクラムハーフ。

来歴[編集]

1992年から1994年までNPCサウスランドに所属し、1995年から2004年までカンタベリーに所属。1996年から2005年までスーパー14クルセイダーズに選出され、1995年から2005年までラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)に選出される。オールブラックス81キャップ、テストマッチ28トライ、120得点。世界最高峰のスクラムハーフと高く評価される。

2005年シーズンよりイングランドプレミアシップリーズ・タイクス(現在のリーズ・カーネギー)に移籍するも同チームの下部リーグ降格により2006年シーズンよりウェールズのオスプレイズへ移籍。

2005年にラグビー界への貢献によりニュージーランド・メリット勲章を授与されている。

クラシック・オールブラックスの一員として2007年と2008年に来日している。