マンギスタウ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンギスタウ州の位置
マンギスタウ州の拡大図

マンギスタウ州カザフ語: Маңғыстау облысы)は、中央アジアカザフスタンの州の1つ。州都はアクタウ。面積は約16万5000平方km。州の人口は約37万人。

地理[編集]

北はアティラウ州アクトベ州に接している。大半は土漠に覆われた土地である(ウスチュルト台地ロシア語: Плато Устюрт)。マンギスタウ半島カザフ語版ロシア語版英語版が西のカスピ海へ突き出している。最低標高はトゥラン低地にあるカルスト地形にできたポリエカラギーエ英語版で、海面下132mである。

住民[編集]

大半は州都アクタウ市(人口約19万人)および第2の都市ジャナオゼン市(人口約10万人)に居住している。その他の都市はいずれも人口3万人以下の村である。

交通[編集]

カスピ海に面する州都アクタウにはカザフスタン唯一の不凍港であるアクタウ港があり、対岸のアゼルバイジャンバクーイランへの航路を有している。また、港に隣接する区域には経済特区(Morport Aktau)も設置されている。