アクタウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯43度37分47秒 東経51度10分38秒 / 北緯43.629614度 東経51.177235度 / 43.629614; 51.177235

アクタウ
Ақтау
アクタウの町
アクタウの位置(カザフスタン内)
アクタウ
アクタウ
座標: 北緯43度37分46.61秒 東経51度10分38.05秒 / 北緯43.6296139度 東経51.1772361度 / 43.6296139; 51.1772361
カザフスタン
マンギスタウ州
人口
 - 計 154,500人人

アクタウАқтау)はカザフスタン共和国都市マンギスタウ州の州都。人口154,500人(2004年)。カスピ海に臨む港があり、原油の積み出しを行っており、アティラウとともに重要な水産基地ともなっている。カザフスタン西部の最大都市である。[1]

ラテン文字表記はAqtau(またはAktau)。ロシア語ではアクタウ(Актау)と呼ばれる。1964年から1992年までの間は、タラス・シェフチェンコの名に因んでシェフチェンコШевченко)と呼ばれていた。

ここには、ナトリウム冷却高速増殖炉 BN-350が建設され、1972年運転開始し原子力発電および海水淡水化が行われていたが1999年に老朽化により廃炉となった。[2] [3]

姉妹都市[編集]

産業[編集]

石油・天然ガスの生産が行われている。また、戦略上重要な港湾を有することから大手石油会社が拠点をおいている。

交通[編集]

アクタウにはアクタウ空港、鉄道駅、先進的な港湾設備がある。市内移動にはバスとタクシーが主に利用されている。

カザフスタン政府は国際貿易政策の拡充をはかり、アクタウの交通の要衝としての役割は年々高まっている。港は2015年に拡張工事が完了し、多岐にわたる貨物を取り扱えるようになった。カザフスタン政府はカスピ海からロシアの運河を経由し黒海に至る貿易航路の変更を切望していたが、2014年にグルジア・トルコ間の鉄道が開通したため、カスピ海からアゼルバイジャン・グルジアを経てトルコに至る新しい経路が拓かれた。[4]

出身者[編集]

タイムカプセル[編集]

1967年、アクタウの市民は将来この地に暮らす人々に向けたタイムカプセルを企画した。砂漠に都市を築いた先人の努力を伝えた手紙が金属製の筒に入れられ、三角柱型の大理石の壺に納められた。2017年11月に開封される予定である。[5]

脚注・典拠[編集]

  1. ^ 外務省調査月報2004年一号(篠原健仁)
  2. ^ 発電炉・開発中の炉・研究炉以外の原子炉(ATOMICA)
  3. ^ 高速増殖炉BN-350(発電・海水脱塩炉)の建設
  4. ^ Kazakhstan to Leave Black Sea Grain Route
  5. ^ Aktau: Years, people, memories