マリヤ・ユーディナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリヤ・ヴェニアミノヴナ・ユーディナ
Maria Yudina.jpg
マリヤ・ユーディナ(1922年撮影)
基本情報
生誕 (1899-09-09) 1899年9月9日
出身地 ロシアの旗 ロシアヴィテプスク県(現プスコフ州
死没 (1970-11-19) 1970年11月19日(71歳没)
学歴 ペトログラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

マリヤ・ヴェニアミノヴナ・ユーディナ(またはマリア・ユージナ、ロシア語: Мария Вениаминовна Юдина)(Maria (もしくは Mariya) Veniaminovna Yudina, 1899年9月9日ユリウス暦8月28日) - 1970年11月19日 モスクワ)は、ロシアピアニスト

経歴[編集]

1868年、ロシア帝国ヴィテプスク県(現プスコフ州ネヴェリユダヤ人の家庭に生まれる(1919年5月に洗礼を受けている)。この県はユダヤ教徒居住区の一部であったが、ベラルーシ南部のネヴェリではない。父のベニアミン・カヴリロヴィチは医者で、労働英雄であった。幼いころから広く音楽に関心があり、最初にピアノを学んだのは6歳の時であった。

1912年にペトログラード音楽院に入学し、ピアノをアンナ・エシポワのクラスで学ぶ。その後、フェリックス・ブルメンフェリトアナトリー・ドロズドフレオニード・ニコラーエフについて広く様々な学科を学んだ。1917年の二月革命のあと、1918年に一時休学したが、1921年に同音楽院を卒業した。同級生にドミートリイ・ショスタコーヴィチヴラディーミル・ソフロニツキーがいた。そののち1921年に卒業の際、ソフロニツキーとともに金メダルの成績を残した。

その後、同院で教職に就き、1923年には教授となる。また、ペトログラード大学で古典を学ぶ。専らバッハベートーヴェンの解釈で名を残すが、親友ショスタコーヴィチのほかにヒンデミット新ウィーン楽派の作品など、東西の同時代の音楽も擁護した。スターリンがお気に入りのピアニストだったにもかかわらず、このような姿勢や、ユダヤ人でありながら公然と正教を信仰し、クリューエフマンデリシュターム夫妻を援助するなどの反体制的言動があだとなり、教育活動や演奏活動を禁じられたことは一度や二度ではなかった。バッハのゴルトベルク変奏曲の各変奏にテクストを書き残すなど、彼女にとっては宗教と音楽は一体の存在であった。1970年に死去。葬儀ではリヒテルラフマニノフを演奏した。

ユーディナの演奏は、超絶技巧と精神性、精悍なまでの力強さ、そして知性と精神力が特徴的である。1998年以来「マリア・ユーディナ国際ピアノコンクール」が開催されている。

音源[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『ミハイール・バフチーンの世界』せりか書房、1990年
    カテリーナ・クラーク/マイケル・ホルクイスト共著 川端香男里/鈴木晶共訳

脚注[編集]